コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

Boichiら登壇「メディア芸術祭作品展」お台場で開催、音声ガイドは南條愛乃

418

Boich「ORIGIN」(C) boichi, Kodansha 2019

Boich「ORIGIN」(C) boichi, Kodansha 2019

「第22回文化庁メディア芸術祭 受賞作品展」が、6月1日から16日にかけて東京・お台場の日本科学未来館ほかにて開催される。

本展では、「第22回文化庁メディア芸術祭」の受賞作品および功労賞受賞者の功績を一堂に展示。そのほかシンポジウムやトークイベント、ワークショップといったイベントが行われる。マンガ部門で大賞を受賞した「ORIGIN」の作者Boichiは、審査委員・選考委員とともに6月15日に行われるカンファレンスに登場。6月8日には功労賞を受賞したアニメーション監督・池田宏のトークが行われ、ゲストとしてアニメーターの小田部羊一、アニメーション監督の片渕須直が出演する。いずれも参加は無料だが、Peatixでの事前申し込みが必要だ。詳細は「第22回文化庁メディア芸術祭 受賞作品展」の公式サイトで確認を。

またiOS、Android用アプリとして無料配信される本展の音声ガイドを、南條愛乃が担当することも明らかに。音声ガイドでは展示作品36点の詳細とプロローグを聞くことができる。アプリの配布期間は5月31日から11月30日まで。

※6/6追記:6月8日に行われる「アワードカンファレンス[功労賞]セッション2」の出演情報が変更になり、池田宏と小田部羊一は欠席となりました。

「第22回文化庁メディア芸術祭 受賞作品展」

会期:2019年6月1日(土)~16日(日)10:00~17:00 ※4日(火)、11日(火)は休館日
会場:日本科学未来館、フジテレビ湾岸スタジオ、東京国際交流館、BMW GROUP Tokyo Bay、シンボルプロムナード公園ほか
料金:入場無料

コミックナタリーをフォロー