コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

中川いさみのガン闘病エッセイマンガ、入院生活で出会った風景やグルメを描く

111

「クマのプー太郎」などで知られる中川いさみによる単行本「重粒子の旅 ―鼻にガンができた!―」が、本日4月12日に発売された。

同作は当時51歳だった中川が、鼻のおできをガンと診断され、兵庫県で重粒子線治療を受けた日々を綴ったエッセイマンガ。担当編集者にも隠し通した約2カ月の入院生活の中で、暇と格闘した毎日や、街を散策した際に出会った風景やグルメなどが描かれている。これまで秘めてきた泣き笑いの闘病生活の様子が収められた1冊だ。

コミックナタリーをフォロー