コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

ヤマザキコレ「魔法使いの嫁」舞台化!チセは工藤遥、エリアスは神農直隆

1204

ヤマザキコレ「魔法使いの嫁」の舞台化が決定。主人公の羽鳥チセ役を工藤遥、エリアス役を神農直隆が演じる。

「魔法使いの嫁」は人外の魔法使い・エリアスと、彼に買われた少女・チセを描くファンタジー。2014年に月刊コミックガーデン(マッグガーデン)にて連載スタートし、本日3月9日には単行本の最新11巻が発売された。またドラマCDやOADに続き、2017年にはTVアニメ化を果たしている。

舞台は10月5日から14日まで、東京・あうるすぽっとにて上演。脚本と演出は、アニメ「魔法使いの嫁」の脚本も手がけた高羽彩が担当する。なお単行本11巻の初回版を購入した人を対象に、チケットの最速先行予約販売を実施。詳細は単行本に封入されたフライヤーで確認を。

舞台「魔法使いの嫁」

日程:2019年10月5日(土)~14日(月)
場所:あうるすぽっと

スタッフ

ヤマザキコレ「魔法使いの嫁」(ブレイドコミックス刊)
脚本・演出:高羽彩

キャスト

チセ:工藤遥
エリアス:神農直隆

コミックナタリーをフォロー