コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「あのコの、トリコ。」吉沢亮らトリコダンス踊る!“トリコの日”認定に驚き

131

左から杉野遥亮、新木優子、吉沢亮、宮脇亮監督。

左から杉野遥亮、新木優子、吉沢亮、宮脇亮監督。

白石ユキ原作による実写映画「あのコの、トリコ。」の初日舞台挨拶が、本日10月5日に東京・TOHOシネマズ新宿にて開催。鈴木頼役の吉沢亮、立花雫役の新木優子、東條昴役の杉野遥亮宮脇亮監督が登壇した。

「あのコの、トリコ。」は芸能界を舞台に、役者になることを小さい頃に誓い合った幼なじみ男女の三角関係を描くラブストーリー。登壇者たちがステージに上がり、頼役の吉沢が「楽しんでいただけましたか?」と客席に呼びかけると、会場からは大きな拍手が贈られる。吉沢は「ありがとうございます! 皆さんの顔を見てすごくホッとしています」と安堵の表情を浮かべた。

約1年半前に撮影が行われたという同作。吉沢は「やっと皆さんに観ていただける日が来た」と喜びを述べながらも、「撮影が終わって1年ぐらい経ったときに、遥亮とご飯に行ったら、久々過ぎて僕に対して人見知りをしていて。めっちゃ敬語で話しかけてきて、こんなに月日が経っちゃったんだなあ……という寂しさを感じました」と明かす。杉野は「1カ月前に(2人と)取材で会ったので、それからちょっと距離感を掴みました(笑)」と正直に語り、会場の笑いを誘った。

作中で劇中劇となる舞台を演じたことについて、新木は「舞台の経験がなかったので、自分の中でも壁となって立ちはだかっていたんですが、舞台の経験のある吉沢さんの背中を見て学ばさせていただきました」と述懐。それを聞いていた吉沢は「何もアドバイスしていないですよ。彼女は(ステージの上に)立ったときから完璧だったので。僕のほうが迷っていました」と、新木を讃えた。

またイベントでは、「雫のためならなんだってできる」という作中のセリフにちなんだ企画を展開。「大ヒットのためならなんでもできる!“トリコ”チャレンジボックス」が用意され、登壇者たちはこのボックスの中から、ファンより募ったさまざまな“指示”の書かれた紙を引き、その内容を実践していく。Nissy(西島隆弘)による主題歌「トリコ」に合わせた「トリコダンス」を踊ってほしいという指示が引き当てられると、吉沢は新木と、杉野は宮脇とペアを組み、曲に合わせてダンスを披露する。その後も「投げキッスしてほしい」「吉沢さんにMCをしてほしい」といった指示が読み上げられ、登壇者たちが次々とチャレンジしていった。

さらにイベントの終盤、本日10月5日が日本記念日協会によって「トリコの日」に制定されたことが発表に。吉沢は「普通にヤバくない、それ?」と驚きながら、「出演させていただいた映画が正式に認定されることなんて、なかなかない……というか、今まで経験がないので。こんなことあるんだ」とその喜びを口にした。また最後には「もちろん学生の方に観ていただきたい作品でもあるし、どの世代の方が観てもこのストレートさに感動していただけると思う」と同作をアピールし、舞台挨拶の幕を閉じた。

映画「あのコの、トリコ。」は全国にて公開中。

なおコミックナタリーでは、「あのコの、トリコ。」が発表されていたSho-Comi(小学館)の創刊50周年を記念し、全10回にわたる連載企画を展開中。公開中の第5回には白石ユキが登場しており、映画「あのコの、トリコ。」を鑑賞しての印象や、好きなものを詰め込んだという連載中の「はにかむハニー」、自身の萌えの基本にあるという“ギャップ”について語っている。

(c)2018 白石ユキ・小学館/「あのコの、トリコ。」製作委員会

コミックナタリーをフォロー