コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

映画「愛しのアイリーン」新井英樹は「すでに5、6回観てるけど、毎回ボロ泣き」

733

左からナッツ・シトイ、安田顕。

左からナッツ・シトイ、安田顕。

新井英樹原作による映画「愛しのアイリーン」の完成披露“宴”試写会が、本日8月1日に東京・有楽町朝日ホールにて行われた。

「愛しのアイリーン」は42歳まで恋愛を知らずに生きてきた主人公・宍戸岩男が、フィリピン人女性のアイリーンと国際結婚したことから始まる物語。イベントには新井のほか、岩男役を演じた安田顕、オーディションでアイリーン役を射止めたナッツ・シトイ、岩男の母・ツル役の木野花、監督の吉田恵輔が登壇した。

安田とシトイは客席から、結婚式をイメージした衣装で登場。2人が「結婚行進曲」に合わせてゆっくりステージへ歩み出すと、周囲からは「おめでとう!」という祝福の声とフラワーシャワーが浴びせられる。安田は本物の新郎さながらに満足げな表情で、観客に何度もお辞儀をし、シトイにキスをするようなパフォーマンスをしながらステージへと向かった。

ステージに上がると安田は、「結婚式をしてないから、初めてバージンロードを歩きました。感無量でございます。どうもありがとうございます」と挨拶。1人でステージを去っていこうとするボケをかましたあと、「どんどんと体が火照ってまいります。これがホットフラッシュでしょうか……」とコメントし、会場を和ませる。シトイは日本語で「アイリーン役のナッツです。日本に来られてうれしいです。楽しんでください」と挨拶したあと、英語で「とても緊張して興奮しています。世界で一番素敵な男性が隣にいるからです」とはにかんだ。

新井は「映画を応援したいと思ってやってきた。これは傑作です」と切り出し、「自分が描いた中で一番下品でゲスなマンガが、最初に映画化されるとは思っていなかった」と率直な感想を述べる。そして「すでに5、6回くらい観てるけど、毎回ボロ泣き。かなりロマンチックなシーンがあるんで、安田さんファンは期待していいと思います」と映画をアピールした。

吉田監督は「さわやかな恋愛映画を期待してたらごめんなさい! 全然そういう映画じゃないので、観終わったときの皆さんの表情が不安です」と冗談めかして観客を牽制。また「10年くらい前にデビューしたときから、ずっと『やりたい』といろんなプロデューサーに打診していたんですが、難しいと言われ続けて……。やっと、作ることができました」と思いの丈を述べ、「なぜできなかったかは、映画を観ればすぐわかると思います。結構飛んでます。できあがりに関しては自画自賛です」と自信を覗かせる。

木野は「最初に原作を読んだとき、これ人間ができるのかなと思いました。私も安田さんも、原作と造形が似ていないので、見え方より中身ってことかなと」とオファーを受けた際の心境を述懐。それを聞いた吉田監督が「見た目を重視するより、観終わったあとに何が残るかが大事。おふたりにはゆがんだ部分や熱量がある」とキャスティングの理由を説明すると、安田は「褒めてるようだけど、監督がおっしゃってるのは我々2人がゆがんでるってこと!」と強調し、観客を笑わせた。

完成した映画を観ての感想を問われた安田は、「吉田監督にもナッツと木野さんの演技にも心の底から脱帽しましたし、自分が歩む道の中に楔を打ってくれた作品だと思います」とコメント。また「今このタイミングで40代でよかったなと思います。自分以外の人が岩男役をやっていたら嫉妬すると思う」と役への思い入れを吐露した。続けて安田は「現場では、マネージャーが来てくれても、ありがたいけど俺の視界から消えてくれとお願いした。“げすだけん”を演じているのに、“やすだけん”に戻ってしまうような気がして。それくらいしないと、吉田監督の熱量に応えられないんじゃないかと思った」と撮影時を振り返る。シトイはそんな安田に対しての思いを、「現場では集中力がすごくてプロの姿勢を学ぶことが多く、紳士的でした。そして顔がとても素敵でした」と笑顔で語った。

吉田監督は最後に、「原作に描かれていない部分も結構あるので、気になった方は原作も改めて手に取ってみて」とコメント。安田は「褒めてほしいわけじゃないです。肯定も否定もすべてあるべきだと思います。感じたことを発信してもらえたらそれだけでいいです」とメッセージを伝えた。映画「愛しのアイリーン」は、9月14日より全国ロードショー。

映画「愛しのアイリーン」

2018年9月14日(金)全国公開

キャスト

安田顕、ナッツ・シトイ、河井青葉、ディオンヌ・モンサント、福士誠治、品川徹、田中要次、伊勢谷友介、木野花

スタッフ

監督・脚本:吉田恵輔
原作:新井英樹愛しのアイリーン」(太田出版刊)
製作幹事:VAP
企画・制作・配給:スターサンズ

※吉田恵輔の吉は土に口が正式表記
※「愛しのアイリーン」はR15+指定作品

(c)2018「愛しのアイリーン」フィルムパートナーズ

コミックナタリーをフォロー