コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

映画「ミスミソウ」“リスペクト込めた”押切蓮介のイラストに山田杏奈らが笑顔

445

映画「ミスミソウ」完成披露上映会にて、左から大谷凜香、清水尋也、山田杏奈、内藤瑛亮、タテタカコ。

映画「ミスミソウ」完成披露上映会にて、左から大谷凜香、清水尋也、山田杏奈、内藤瑛亮、タテタカコ。

押切蓮介原作による実写映画「ミスミソウ」の完成披露上映会が、本日3月8日に東京・新宿バルト9にて開催された。

4月7日より新宿バルト9ほか全国で順次公開される「ミスミソウ」は、田舎町を舞台に、クラスメイトのいじめで家族を失った少女・野咲春花の復讐を描くホラーサスペンス。イベントには野咲春花役の山田杏奈、相場晄役の清水尋也、小黒妙子役の大谷凜香、監督の内藤瑛亮が登壇した。

山田は中学時代に原作を読んでいたそうで、「後味悪いなって思いました(笑)」と当時の率直な感想を吐露。演技については「復讐する前の優しい春花と、サイボーグのように機械的に復讐していく春花のコントラストを大事にしようと思って演じました」と語る。

清水は、春花が唯一心を開くクラスメイトという役どころ。「最初に原作を読んだときに、これは個人と個人の“ラブ”ではなくて、全体的にラブストーリーだなと思った」と述べ、「グロテスクさやバイオレンスの要素はあるけど、常に根底にあるのは愛情だということを忘れずに演じました」と述懐する。演技初挑戦の大谷は「金髪の役だったので形から入ることができて、そこでまず1つのストッパーがいい意味で取れました」と振り返った。

内藤が監督を務めることが決まったのは、クランクイン1カ月前だったそう。異例なケースだが、山田のオーディション映像を見て「どうしても撮りたいと思い、無茶を承知で引き受けました」と心動かされたことを明かす。また「山田さんは殴り殺すアクションがすごくいい。女の子は遠慮しがちだけど遠慮が一切ない。もし殺されるなら、ああいうふうに殺されたい」と物騒なワードを挟みつつ絶賛すると、山田は「人格疑われちゃいます……」と焦りの表情を見せた。

イベントではキャストへのサプライズとして、押切による描き下ろしイラストが用意された。押切からの「撮影の見学に行ったら、みんなが『サインください!』とワーキャーしてくれたのがうれしかった。でも作品を観たら(普段と)キャラクターが全然違っていて。役者さんへのリスペクトをイラストに込めました」と綴られたコメントをMCが代読すると、うれしそうにイラストに顔を近付けて見る3人。清水は「先生のところに行列ができちゃったんだよね」と回想し、監督も「サインとイラストを描いてて、結局ほとんど現場を見られていなかった(笑)」と話した。

この後タテタカコも登場し、本作の主題歌「道程」のピアノ弾き語りを披露。山田は声を震わせながら「撮影中、本当にずっと聴いていたので……。ありがとうございました」と感謝を伝えた。

最後に山田は「主演ってもっともっと先のことだろうと思っていて。いつかやるとしたら、もっとキラキラしたお話かなと思っていたんですけど、真逆の作品をやらせていただくことになりました(笑)」と苦笑いでコメント。しかし「完成したものを観て、これが今の私らしさなのかなとも思ってすごく大切な作品になりました」と胸を張り、イベントを締めくくった。

コミックナタリーをフォロー