コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「花は咲くか」日高ショーコからのケーキを渡邉剣と天野浩成が食べさせ合う

126

「花は咲くか」完成披露上映会の様子。左から天野浩成、渡邉剣、谷本佳織監督。

「花は咲くか」完成披露上映会の様子。左から天野浩成、渡邉剣、谷本佳織監督。

日高ショーコ原作による実写映画「花は咲くか」の完成披露上映会が本日2月6日に東京・池袋HUMAXシネマズで行われ、水川蓉一役の渡邉剣、桜井和明役の天野浩成谷本佳織監督が登壇した。

「花は咲くか」は37歳のサラリーマン・桜井が、古民家で暮らす19歳の美大生・蓉一と出会い、立場や性別を超えて惹かれ合っていく様子を描いた年の差BL。本作が映画初主演となる渡邉は「主演なので不安な気持ちが大きかったです」と心情を述べながらも「お話を頂いたときは、まだ蓉一役だと知らなくて。最初に台本を読んで『蓉一がやりたい』と思っていたので、演じられるとわかったときはうれしかったです」と語る。また天野はオファーがあった際に「僕はもう“ボーイ”じゃないのに(笑)」と感じていたことを明かした。

自分と似てる部分があるかという質問に、渡邉は「前はあまり話すのが好きじゃなかったり、自分の意思を言わないのがカッコいいと思っていたことがあった」とコメント。また「蓉一は(桜井が)初恋なんですよ。なので自分の初恋を思い出しながら演じました」と演技において意識したことを語る。一方の天野は、桜井を演じるにあたり苦労した点について「桜井はもともと男性が好きなわけではなく、ヨウちゃん(蓉一)と出会い徐々に惹かれていく。それを表現するのが難しかったですね」と述懐した。

そんな2人の仲むつまじい様子を見ていた谷本監督は「初めて会ったときから、渡邉さんの蓉一と天野さんの桜井の姿がイメージできていて。最初から蓉一と桜井だと思って接してました」と述べ、劇中の見どころを「予告編にも入っているんですが、林の中のキスシーン! これぞ蓉一と桜井さん!」とテンション高くアピールした。

イベントでは、間もなく迎えるバレンタインデーに関する質問も。渡邉と天野が学生時代にはチョコをもらった経験がほとんどないと話すと、観客席から「ええー?」と2人を疑う声が。そんな中、原作者の日高からケーキが届いていることが発表され、驚きとうれしさが入り混じった表情を見せる2人は、集まったファンからの歓声を浴びながら、互いにケーキを食べさせ合う。

天野は「今、幸せです。こうして皆様の前にたつことができて本当にうれしい」と映画の完成を喜び、渡邉は改めて満席となった会場を見渡しながら「蓉一と桜井さんが恋愛していく様子や、成長していく様子を楽しんでいただければ。BLを観たことない方にも楽しんでいただける、ピュアな気持ちになれる映画です」と力強くメッセージを送った。映画「花は咲くか」は、2月24日より全国ロードショー。

映画「花は咲くか」

2018年2月24日(土)ロードショー

スタッフ

原作:「花は咲くか日高ショーコ(幻冬舎コミックス)
脚本:高橋ナツコ
監督:谷本佳織
配給:東映ビデオ

キャスト

渡邉剣天野浩成、塩野瑛久、小原唯和、水石亜飛夢、本宮泰風

(c)2018東映ビデオ (c)日高ショーコ/幻冬舎コミックス

コミックナタリーをフォロー