コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

年の差BL「花は咲くか」映画版の主演は渡邉剣「キスシーンにも注目して」

1552

日高ショーコ原作による実写映画「花は咲くか」の第1弾キャストが発表された。無愛想な美大生・水川蓉一役は、渡邉剣が演じる。

「花は咲くか」は37歳のサラリーマン・桜井和明が、とある古民家で暮らす19歳の大学生・蓉一と出会い、立場や性別を超えて惹かれ合っていく様子を描いた年の差ボーイズラブ。原作はルチル(幻冬舎コミックス)で連載され、単行本は全5巻が発売されている。

主演の渡邉は2014年度ジュノン・スーパーボーイ・コンテストのファイナリストに選出され、2016年には「動物戦隊ジュウオウジャー」にてジュウオウエレファント/タスク役を演じた若手俳優。本作が映画初主演となる。原作を読んだ感想を「とても素直で純粋だなと感じました」と語り、「初めて恋をした時を思い出しながら演じました」「2人が初めてキスをするシーンにも注目して」と、と撮影時の心境や見どころをコメントしている。

映画「花は咲くか」は2018年春ロードショー。

渡邉剣コメント

人気コミックの実写化で主演を演じさせていただける事、とても嬉しく思います。
「花は咲くか」を読ませていただいた時に、年の差のある男性同士がお互いに惹かれていく様子がとても素直で純粋だなと感じました。あまり人と話さず、感情を表にしない蓉一と自分がどこか重なる部分がありました。
この作品の肝となる「好き」ということを表現をする際に、自分自身が初めて恋をした時を思い出しながら演じました。
2人が徐々に惹かれ合い恋心へと変わっていく所や、戸惑いながらもようやく気持ちが分かり合えた2人が初めてキスをするシーンにも注目して見ていただけると嬉しいです。

映画「花は咲くか」

原作:「花は咲くか」日高ショーコ(幻冬舎コミックス)
主演:渡邉剣 
監督:谷本佳織
配給:東映ビデオ

コミックナタリーをフォロー