小梅けいと版「狼と香辛料」連載100回で完結、マオウ新連載は2本開始

325

小梅けいと「狼と香辛料」が、本日12月27日発売の電撃マオウ2018年2月号(KADOKAWA)で完結を迎えた。

電撃マオウ2018年2月号

電撃マオウ2018年2月号

大きなサイズで見る(全3件)

「狼と香辛料」は、支倉凍砂の小説が原作。狼の耳と尻尾をもつ美少女・賢狼ホロが故郷を目指し、馬車で各地を巡る行商人の男・ロレンスと一緒に旅をする様子を描いている。コミカライズ版は2007年に連載が開始し、ちょうど掲載100回で最終回を迎えた。完結を記念しマオウには原作者・支倉、原作イラストレーターの文倉十がお祝いコメントを寄稿。単行本最終16巻は、2018年2月に刊行される。

また今号では2本の新連載も開始。天華百剣プロジェクト原作による御影獏「天華百剣 -戯-」は少女の姿で顕現した刀たちを描く日常コメディ、声優の生田善子原作によるパイン「暗転エピローグ」は高校演劇を題材にした物語になっている。

この記事の画像(全3件)

小梅けいとのほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 小梅けいと / 文倉十 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。