新撰組が戦国時代に!?サンデーGX新連載、3種の「デストロ246」カードも

231

富沢義彦原作、朝日曼耀作画による新連載「戦国新撰組」が、本日6月18日発売の月刊サンデーGX7月号(小学館)にて開幕した。

「戦国新撰組」扉イラスト

「戦国新撰組」扉イラスト

大きなサイズで見る(全2件)

月刊サンデーGX7月号

月刊サンデーGX7月号[拡大]

「戦国新撰組」は先ほどまで屯所に居たはずの新選組副長・土方歳三が、見知らぬ森に迷い込んでしまうところから始まる。何者かに仲間を殺されてしまい、当たりを見渡すと残っていたのは佐久間象山の息子・三浦啓之助だけで……。戦国時代にタイムスリップしてしまった、新撰組の物語が描かれる。

そのほか今号には、単行本の最終7巻も発売中の高橋慶太郎「デストロ246」のイラストカードが付属。クリアカード、シルバーカードを含む3種類のセットで登場した。実録鉄道マンガ「鉄子の旅 3代目」の第2話では新人マンガ家・霧丘晶が、鉄道の達人・横見浩彦、サンデーGX編集長、担当編集者とともに富士山へと向かう。

この記事の画像(全2件)

関連記事

高橋慶太郎のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 高橋慶太郎 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。