コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

ビーム20周年号が発売!奥村編集総長が書店にお礼参り、その模様を密着取材

256

奥村勝彦編集総長と、紀伊國屋書店新宿本店フォレストの早乙女直美さん。

奥村勝彦編集総長と、紀伊國屋書店新宿本店フォレストの早乙女直美さん。

月刊コミックビーム(KADOKAWA)が、本日11月12日に発売された12月号にて創刊20周年を迎えた。これに合わせて奥村勝彦編集総長が、各店へと挨拶をしに回る“お礼参り行脚”を行っている。

“お礼参り行脚”の第1弾では、紀伊國屋書店新宿本店フォレストを訪問。同店はビーム作家の単行本を月替わりで特集するコーナーを設けており、11月は新井英樹「SCATTER あなたがここにいてほしい」をプッシュしている。奥村編集総長は、応対をしてくれた女性店員・早乙女直美さんへと手土産を渡し「いつもお世話になっています」と深くおじぎをした。

早乙女さんはビームコミックスの担当になって5カ月目で「ビームに関しては、まだ素人なんです」と、申し訳なさそうに告白する。しかし「そんな私から見ても載ってるマンガのジャンルが豊富で、まるでおもちゃ箱のような雑誌だと思います」と、同誌の魅力を力説。これに対し奥村編集総長は「最近は同じジャンルの作品を集めた、専門誌のような雑誌も増えてるからね」「うちはもう見ての通り……バラバラだから」と苦笑しながらも、いろいろなマンガを集めて載せる、雑誌という媒体についてのこだわりを語った。またビームコミックスが並ぶ一角を眺めながら「デザインから判型まで作品ごとに変えてるから、同じ雑誌の単行本なのに1つの棚に収まんないだよなあ」と呟き、早乙女さんは「(棚の)作りがいがあります!」と売り場の声を届ける。書店のやる気と誠意ある対応に奥村編集総長は重ねてお礼を言い、店を後にした。

紀伊國屋書店新宿本店フォレストをはじめ、一部の応援書店では20周年を記念したフェアを開催中。ビーム公式サイトの特設ページでリストが公開されている店舗には、マンガ家47名の手元を撮影した特製ポスターが掲出されている。また色紙、手描きPOP、複製原画の展示など各店で異なる趣向の企画を実施しているので、詳細は店頭にて確認を。

なお本日発売の月刊コミックビーム12月号には、上野顕太郎の描き下ろしイラストを使用した「特製ビームアート十年カレンダー」が付属。「ビーム×アート」をテーマに、ピカソ、ゴヤ、歌麿などの名画を、歴代のビームの表紙を使ってオマージュした絵が楽しめる。また桜玉吉による近況マンガ「スイッチョ」や、20年間欠かさずビームでコラムのイラストカットを描き続けてきた皆勤賞作家・ほりのぶゆきによる特別読み切り「人間の20年 漫画誌の20年」も掲載された。表紙は15周年号のイラストも担当した寺田克也が手がけている。

月刊コミックビーム創刊20周年フェア開催書店

関東

紀伊國屋書店西武渋谷店、三省堂書店海老名店、紀伊國屋書店新宿本店フォレスト、ブックスルーエ、書泉グランデ、文教堂書店浜松町店、BookDepot書楽、三省堂書店カルチャーステーション千葉

関西

ジュンク堂書店大阪本店、ジュンク堂書店天満橋店、わんだ~らんどなんば店、喜久屋書店漫画館京都店

コミックナタリーをフォロー