コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

舞台「曇天に笑う」2016年5月に銀河劇場で再演、初演のDVDも発売中

401

唐々煙「曇天に笑う」の舞台が、2016年5月に天王洲・銀河劇場にて再演される。

初演は今年2月から3月にかけて、同じく銀河劇場にて上演。玉城裕規、佐野岳、百瀬朔らが出演し、演出は劇団鹿殺しの菜月チョビ、脚本は高橋悠也(QueenB)が務めた。DVDもバップより発売中。

「曇天に笑う」は明治時代を舞台に、琵琶湖の真ん中に作られた監獄の橋渡し役を担う、曇神社曇家三兄弟の活躍を描く冒険活劇。月刊コミックアヴァルス(マッグガーデン)にて連載され、TVアニメ化もされた。なお8月26日からは池袋サンシャインシティにて原画展が開催される。

1話まるごと試し読みPR

コミックナタリーをフォロー