コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

東村アキコの原画、一挙500点!矢口高雄とのトークショーも

130

東村アキコの原画展が、明日4月25日より秋田県・横手市増田まんが美術館にて開催される。

会場ではデビュー作から連載中の作品まで、約500枚にも及ぶ原画を一挙展示。マンガ大賞2015を受賞した「かくかくしかじか」をはじめ、「海月姫」「メロポンだし!」「ママはテンパリスト」「主に泣いてます」「東京タラレバ娘」などがラインナップされる。また入場者には全員に、東村が描き下ろしたB3サイズの「東村ALL STARSポスター」をプレゼント。

5月3日には東村と、「釣りキチ三平」で知られる矢口高雄とのトークイベント「東村&矢口の相思相愛論」を開催。トークでは「なぜこの2人なのか?」「タイトルの意味は?」といった疑問も明かされるという。参加するための整理券は、イベント当日午前9時より事務室にて発行される。定員は先着100名。トークショー終了後にはサイン会も開催される予定だ。5月4日には東村と会話をしながらのサイン会「お花見サイン会」を実施。こちらの整理券はすでに配布終了している。

東村アキコ原画展

期間:2015年4月25日(土)~5月31日(日)9:00~17:00(入場は16:30まで)
会場:横手市増田まんが美術館
入場料:一般・大学生500円、高校生・中学生300円、小学生200円、小学生未満無料
休館日:月曜日

東村アキコ×矢口高雄トークイベント「東村&矢口の相思相愛論」

日時:2015年5月3日(日)13:30~16:00予定
会場:横手市増田まんが美術館大研修室

お花見サイン会

日時:2015年5月4日(月・祝)11:00~15:00予定
会場:真人公園第一広場内
※整理券配布終了

コミックナタリーをフォロー