ステージナタリー

「ジャージー・ボーイズ」記者会見で中川晃教「第3の声を発見してる最中」

541

「ジャージー・ボーイズ」記者会見の様子。左より藤田俊太郎、福井晶一、海宝直人、中河内雅貴、中川晃教、藤岡正明、矢崎広、吉原光夫。

「ジャージー・ボーイズ」記者会見の様子。左より藤田俊太郎、福井晶一、海宝直人、中河内雅貴、中川晃教、藤岡正明、矢崎広、吉原光夫。

7月1日より東京・シアタークリエにて上演されるミュージカル「ジャージー・ボーイズ」の記者会見が、本日2月15日に東京・原宿アストロホールで行われた。

会見に参加したのは中川晃教、藤岡正明、中河内雅貴、海宝直人、矢崎広福井晶一、吉原光夫のキャスト7名と、演出を務める藤田俊太郎

中川は今回の出演に際して、フォー・シーズンズのメンバーであるボブ・ゴーディオからお墨付きを得たというエピソードを明かし、「フランキーがボブと出会って人生を大きく変えたように、僕自身も中川晃教としてボブ・ゴーディオさんと出会ったことによって、ボーカルとミュージカル俳優として自分自身のステージがもうひとつ上に上がることを信じながら、この素晴らしい名曲と物語に体当たりで挑みたい」と意気込んだ。

またボブ・ゴーディオから提出を指定されたデモ音源が3曲から6曲に増えたことや、トワングという難易度の高い発声法を必要とされるナンバーを指定されたことについて苦労を語るも、「自分自身の持ってる声とはまた違った声……第3の声と言いましょうか。新しい声を自分でも発見している最中です」と手応えを見せた。「ただ自分の中ではまだ精度が全然満足いってないんですよね」と記者にフォー・シーズンズのヒットナンバー「シェリー」の一節をトワングで披露する一幕も。

演出を手がける藤田は「これだけすごいメンバーと仕事ができるので、ブロードウェイ版とも、映画版とも、まったく違う作品を作りたい」と演出プランについて触れ、「このメンバーが日本人としてジャージー・ボーイズを演じるという、輝きに達せられるような演出を考えたい」と構想を覗かせた。「ザ・ビューティフル・ゲーム」で杉村春子賞を受賞し、蜷川幸雄作品にも演出助手として携わっている若手演出家の藤田が、本作をどのように演出するのか期待しよう。

ミュージカル「ジャージー・ボーイズ」は2014年にクリント・イーストウッド監督による映画化でも好評を博したトニー賞受賞のミュージカル。今回はチームREDとチームWHITEによるWキャストでの上演となる。「天使の歌声」と称されるフランキー(中川晃教)がトミー(藤岡正明 / 中河内雅貴)、ニック(福井晶一 / 吉原光夫)、ボブ(海宝直人 / 矢崎広)とバンド、フォー・シーズンズを結成し、「シェリー(Sherry)」をはじめ「恋のヤセがまん(Big Girls Don't Cry)」、「恋のハリキリ・ボーイ(Walk Like a Man)」など全米ナンバー1のヒット曲を次々に生みだすまでの栄光の物語と、一方で生まれるグループ内の紛争、家族との不和を描く。

チケットは4月30日に一般発売開始。東宝ナビザーブでは4月12日から15日の間に先行抽選エントリーを受け付ける。詳細は公式サイトで確認しよう。

ジャージー・ボーイズ

2016年7月1日(金)~31日(日)
プレビュー公演 6月29日(水)・30日(木)
東京都 シアタークリエ

脚本:マーシャル・ブリックマン&リック・エリス
音楽:ボブ・ゴーディオ
作詞:ボブ・クルー
演出:藤田俊太郎
振付:新海絵理子

キャスト

フランキー・ヴァリ:中川晃教
トミー・デヴィ―ト:藤岡正明、中河内雅貴 ※Wキャスト
ボブ・ゴーディオ:海宝直人、矢崎広 ※Wキャスト
ニック・マッシ:福井晶一、吉原光夫 ※Wキャスト
ボブ・クルー:太田基裕
ノーム・ワックスマン:戸井勝海
ジップ・デカルロ:阿部裕
ほか

ステージナタリーをフォロー

  • 読者アンケート実施中【ステージナタリー】