音楽ナタリー

9mm Parabellum Bullet、磨き上げたパフォーマンスで昨年のリベンジ果たす

843

9mm Parabellum Bullet(撮影:橋本塁[SOUND SHOOTER])

9mm Parabellum Bullet(撮影:橋本塁[SOUND SHOOTER])

9mm Parabellum Bulletが11月3日に東京・Zepp Tokyoで、ワンマンツアー「9mm Parabellum Bullet TOUR 2017 "BABEL on Life Line"」の最終公演を開催した。

本ツアーは、昨年6月に一部の公演が中止となった6thアルバム「Waltz on Life Line」のリリースツアー「9mm Parabellum Bullet TOUR 2016 “太陽が欲しいだけ”」の中止分を含む6公演に、新たに東京・Zepp Tokyo公演を加えたもの。滝善充(G)が左腕の不調によりライブ活動を休止しているという状況下で、バンドは今年、7thアルバム「BABEL」を携えてホールツアー「TOUR OF BABEL」「TOUR OF BABEL II」を行ったほか、夏フェスや他アーティストの主催イベントなどに参加し、継続的なライブ活動を展開してきた。本ツアーのファイナルには、逆境に負けずに突き進む彼らの勇姿を見届けるため、大勢の観客が来場した。

菅原卓郎(Vo, G)、中村和彦(B)、かみじょうちひろ(Dr)、サポートメンバーの為川裕也(G / folca)という布陣でツアーファイナルに臨んだ彼らは、リラックスした様子でステージに姿を現した。1曲目「生命のワルツ」の演奏を始めるとタガが外れたかのような激しい動きを見せる4人。しかしそれぞれの息がぴったりと合った盤石のアンサンブルで「サクリファイス」「Lost!!」「湖」と次々に届けていった。

MCで「磨き上げてきたんで!」と菅原が数多くのライブを積み重ねてきたことへの自負を示してから、「モーニングベル」「Black Market Blues」をプレイ。バンドが繰り出す熱量たっぷりのパフォーマンスの中には菅原の言葉通り、どこか洗練された雰囲気があり、観客の心を激しく揺さぶった。

ライブ中盤、キレのあるバッキングが印象的なエネルギッシュなナンバー「火の鳥」では火柱を使った演出が用意され、会場の熱気が一段と高まった。彼らは重厚なバンドサウンドの「バベルのこどもたち」や、菅原の高速フルピッキングフレーズに始まる3拍子と4拍子が入り混じったアッパーチューン「それから」などを連投。またMCで菅原は「滝の腕の不調があったけど、バンドを止めないでやり続けて、『BABEL』を作って届けられて、(気分が)アガったんだ。みんなの不安を吹き飛ばして、その先にあるものができたってことに」と述べつつ、本ツアーが昨年の「太陽が欲しいだけ」ツアーのリベンジであることについて言及した。そして「9mmでは曲をもらって聴いて浮かぶ景色を歌詞にしていて。次に演奏する曲は、浮かんだ景色をそのままみんなに届けたい。美しい虹がかかるような1曲になりました」と説明してから、メロウなミディアムチューン「スタンドバイミー」を披露。続けて3rdアルバム「Revolutionary」から人気曲「キャンドルの灯を」を演奏した。

ライブ終盤のMCでは、バンドがメジャーデビュー10周年を迎えたことや、滝がステージにいない状況で「いかに9mmをマックスで感じさせられるか」を思案した結果、サポートメンバーに為川と、HEREの武田将幸、三橋隼人を迎えた編成になったことなどについて言及した菅原。彼は、為川の在籍するfolcaが行う11月22日に東京・TSUTAYA O-Crestでワンマンライブにも足を運んでほしいと9mmファンに呼びかけた。そして「ただのリベンジで今日を終わらせたくないんだよ、東京。いけるか! いけるかー!」とフロアを扇動してから2007年発表のメジャーデビュー曲でもあるキラーチューン「Discommunication」を投下すると、観客がサビを大合唱する光景が広がった。滝によるギター演奏の音源を同期させた「ロング・グッドバイ」、為川が観客を果敢に煽って菅原がお立ち台に登って暴力的なギターサウンドを響かせた「火祭り」に続き、ライブ定番曲「Cold Edge」では暴れ回るようなパフォーマンスを見せつつ、中村が「東京!」と絶叫。勢いを保ったまま、バンドはラストに「太陽が欲しいだけ」を演奏して熱狂のままにライブ本編を締めくくった。

なおアンコールで菅原はライブ本編のMCで言及した「いかに9mmをマックスで感じさせられるか」について、「マックスの9mmを出すのは、とにかく続けることが大事だった」とコメント。ツアー終了後には2018年について“悪巧み”を仕込み始めると冗談めいて話しており、「いい感じでカッコよくするんで、楽しみにしていてください!」と期待を煽っていた。年内のライブ出演のあとに控える、来年の動向がどうなるのか、今後の活動にも注目だ。

9mm Parabellum Bullet「9mm Parabellum Bullet TOUR 2017 "BABEL on Life Line”」
11月3日 Zepp Tokyo セットリスト

01. 生命のワルツ
02. サクリファイス
03. Lost!!
04. 湖
05. モーニングベル
06. Black Market Blues
07. ロンリーボーイ
08. Kaleidoscope
09. 眠り姫
10. 火の鳥
11. バベルのこどもたち
12. ホワイトアウト
13. それから
14. スタンドバイミー
15. キャンドルの灯を
16. Discommunication
17. ロング・グッドバイ
18. 火祭り
19. Cold Edge
20. 太陽が欲しいだけ

音楽ナタリーをフォロー