音楽ナタリー

さくら学院、笑顔の花咲いた2015年度卒業式

731

左から白井沙樹、磯野莉音、大賀咲希。

左から白井沙樹、磯野莉音、大賀咲希。

さくら学院が昨日3月27日に神奈川・神奈川県民ホール 大ホールにて、2015年度卒業公演「The Road to Graduation 2015 Final ~さくら学院 2015年度 卒業~」を開催。中等部3年の磯野莉音、大賀咲希、白井沙樹が本公演をもってグループを卒業した。

さくら学院は中等部卒業と同時にグループからも卒業となる“成長期限定ユニット”。2010年の開校から転入(加入)と卒業を繰り返し、今年度は磯野、大賀、白井、倉島颯良、黒澤美澪奈、山出愛子、岡田愛、岡崎百々子、麻生真彩、日高麻鈴、藤平華乃、吉田爽葉香の12人で活動してきた。このメンバーでの最後のステージを見届けるべく、会場には大勢の父兄(さくら学院ファン)が集結。2015年度さくら学院の集大成であるライブと厳粛な雰囲気の中行われる卒業式を鑑賞し、彼女たちの雄姿を見届けた。

担任の森ハヤシによる「それでは、出席を取ります」という声を合図にライブはさくら学院の自己紹介ソング「目指せ!スーパーレディー -2015年度-」で幕開け。生徒たちが客席後方の扉から現れ、ボックスを持って客席を駆け抜けると大歓声が沸き上がった。さくら学院は昨年5月の転入式で初めてこの12人で披露した「負けるな!青春ヒザコゾウ」、今年度の“賢くなれるシリーズ”楽曲「マセマティカ!」、今年度のアルバム「さくら学院 2015年度 ~キラメキの雫~」のタイトル曲「キラメキの雫」などで会場を大いに盛り上げていく。

2015年度さくら学院の活動を追った映像の上映が終わり、ライブは部活動ユニットによるコーナーへ突入。磯野、倉島、岡田からなる科学部 科学究明機構 ロヂカ? :Ver 1.2はエレメントコートスーツ(白衣)と仮想スコープ(眼鏡)を装備し「サイエンスガール▽サイレンスボーイ」をクールに披露する。続いてステージに登場した大賀、黒澤、麻生からなる帰宅部 sleepieceは「すいみん不足」をキュートに歌唱して父兄を魅了し、購買部の白井と吉田はグッズ紹介をしてから「ピース de Check! -2015-」を歌い、バズーカでプレゼントを客席へと放った。最後に登場したのは山出、岡崎、日高からなるクッキング部 ミニパティ。彼女たちは今年度の新曲「ジャカパラ Goo Goo▽オムライス」をコミカルにパフォーマンスし、「ごちそうさまでしたー!」と声をそろえてステージを下りた。

ミュージカル風のナンバー「スリープワンダー」、ポンポンを使った振り付けがキュートな「ハートの地球」が終わると、中等部3年以外のメンバーが退場。ステージに残った3人は転入時期が異なることもあり、中等部3年になるまであまり交流がなかったことを明かす。磯野が「でも今になってみると、今までで一番仲良しだった中3なんじゃないかなって思う」と言うと、大賀と白井も同意。そんな3人は「未知標 ~ミチシルベ~」を歌唱し、会場を感動的な雰囲気に包み込んだ。その後さくら学院は「My Graduation Toss」「君に届け」というアップテンポな卒業ソングを届けて、ラストスパートを掛ける。最後に「約束の未来」を元気いっぱいに歌い、ライブ本編を終了させた。

卒業式にはさくら学院メンバーのほか、担任の森、校長の倉本美津留が登壇。まずは小等部を卒業する日高と麻生に卒業証書が授与された。中等部の磯野、大賀、白井に証書が渡されたあと、在校生を代表して中等部2年の倉島が送辞を読む。彼女は送辞の中で所々に笑いを交えながら卒業生たちに餞の言葉を送り、涙を流した。答辞は卒業生を代表して生徒会長の磯野が担当し、在校生1人ひとりとの思い出などを語る。さらに歴代の卒業生や父兄、職員室の先生(スタッフ)への感謝の気持ちを述べ、「これから私たちはそれぞれのスーパーレディへの道を目指してがんばっていきます。離れていても心は1つ。どんなときでも父兄さんのことは忘れないし、さくら学院として過ごしてきたことは私たちにとって宝物です。今まで本当に本当にありがとうございました。これからもさくら学院の応援を、そして私たちの応援をどうぞよろしくお願いします」と締めくくった。

式辞では倉本が3人の成長を褒め称え、「さくら学院の卒業生は全員、幸せを届けられる人物になれると信じています。間違いないです。卒業生全員がそうなっているんです。自分を信じて、未来に羽ばたいていってください」とエールを送る。式辞に続いて、森は「今年度は本当に教師冥利につきる1年でした。僕は挫折したことがあって、その経験から君たちに伝えられることがたくさん生まれてるなと思っています。だから君たちもたくさん失敗をしてください。そして挫折もいいと思う。僕が思っているスーパーレディの条件は1つ、幸せになることだけ。売れるとかそういうことではなくて。僕から望むことは本当にそれだけです」と話した。

式が終わると、12人は「旅立ちの日に」でホールに美しいハーモニーを響かせる。彼女たちが涙ながらにハイタッチを交わすと、その姿に客席の父兄たちも涙。そして彼女たちは歴代のさくら学院が歌い継いできた代表曲「夢に向かって」を熱唱し、すべての演目を終えた。在校生からのメッセージを受け取った卒業生たちは最後の挨拶へ。白井は号泣しながら在校生と父兄へ感謝の言葉を述べ、最後に「さくら学院は永遠に不滅です!」と強く宣言する。大賀は「私がこれまでさくら学院を続けてこれたのは父兄さんのおかげです。本当に何度も助けられました。本当にありがとうございました」と深くお辞儀をしたあと、「希望の花をいっぱいいっぱい咲かせちゃうぞ!」と自己紹介フレーズを口にし、恒例となった挨拶「グッドオーガニング!」を行い、父兄と一緒にポーズを決めた。磯野は「(卒業式で)泣きそうにはなりましたが、泣いていません! これはさくら学院の歴史に残ることだと思います!」と客席を笑わせたあと、「新しい世界に飛び込む不安ももちろんあります。もっともっといろんなことに挑戦して自分の夢に自信を持てるようになりたいです。そしてさくら学院の舞台監督として、またここに戻ってこれるようにがんばります!」と言葉に力を込め、自己紹介フレーズである「I am Rinon!」で挨拶を締めくくった。最後に磯野、大賀、白井はマイクを通さず「ありがとうございました!」と叫び、晴れやかな表情でさくら学院としての活動を終えた。

The Road to Graduation 2015 Final ~さくら学院 2015年度 卒業~
2016年3月27日 神奈川県民ホール 大ホール セットリスト

01. 目指せ!スーパーレディー -2015年度-
02. 負けるな!青春ヒザコゾウ
03. Hello!IVY
04. マセマティカ!
05. キラメキの雫
06. サイエンスガール▽サイレンスボーイ / 科学部 科学究明機構 ロヂカ? :Ver 1.2(磯野莉音、倉島颯良、岡田愛)
07. すいみん不足 / 帰宅部 sleepiece(大賀咲希、黒澤美澪奈、麻生真彩)
08. ピース de Check! -2015- / 購買部(白井沙樹、吉田爽葉香)
09. ジャカパラ Goo Goo▽オムライス / クッキング部 ミニパティ(山出愛子、岡崎百々子、日高麻鈴)
10. スリープワンダー
11. ハートの地球
12. 未知標 ~ミチシルベ~ / 中等部3年(磯野莉音、大賀咲希、白井沙樹)
13. 未完成シルエット
14. My Graduation Toss
15. 君に届け
16. 約束の未来
~卒業式~
<アンコール>
17. 旅立ちの日に
18. 夢に向かって

※日高麻鈴の「高」ははしご高が正式表記。
※「ジャカパラ Goo Goo▽オムライス」の「▽」はハートマークが正式表記。

音楽ナタリーをフォロー

  • スタッフ募集のお知らせ【ナタリーストア】