音楽ナタリー

つんく♂が近畿大学の入学式をプロデュース、書き下ろし楽曲も提供

357

つんく♂が4月2日に行われる大阪・近畿大学の平成28年度入学式をプロデュースすることが発表された。

近畿大学附属高校および近畿大学の卒業生であるつんく♂は母校の入学式を盛り上げるため、「Produce Your Future!」をテーマにプログラムの再構築や式典の演出などを手がける。また大学の在学生および新入生で結成されたパフォーマンスユニット・KINDAI GIRLSに書き下ろしの新曲「青春×青春」を提供。この楽曲は入学式のオープニングにてKINDAI GIRLSが初披露する。

なお「青春×青春」についてつんく♂は、「近畿大学生や卒業生、そして大阪で大学時代を過ごす人間に共感してもらえるような曲をPOPでノリノリでそして感動的なそんな曲に仕上げたつもりです」とコメントしている。

つんく♂ コメント

ついにKINDAI GIRLSにオリジナル曲が完成しました。

近畿大学入学式をプロデュースするにあたって結成した「KINDAI GIRLS」ですが、3年目にしてついにオリジナル曲を作って歌い踊ることにいたしました。
最初はたった1年限りの記念ユニットかと考えておりましたが、ついに3年目を迎え新規入学してさっそく参加してくれるメンバーもすでにレベルが高くなってきているので、僕としてもいつもカバー曲ばかりを歌うのではなく、やはり彼女たちの為だけにあるべき曲が必要と考え、作ることとなりました。

ご当地応援的なアイドルもたくさんある中、KINDAI GIRLSの役割は学生たち代表だと思います。
僕も近畿大学の卒業メンバーとして学生時代に感じたことや、近畿大学生あるある的なこと、近畿大学のあり方なんかを踏まえて、単に大学紹介ソング的なありきたりにせず、でも近畿大学生や卒業生、そして大阪で大学時代を過ごす人間に共感してもらえるようなそんな曲をPOPでノリノリでそして感動的なそんな曲に仕上げたつもりです。
入学式で聞くとわくわくする。
そして卒業式で聞くと笑顔なのに泣けてくるようなそんな感覚です。

大学生ぐらいになるとイキりたいのにイキれないジレンマとか。
でも大阪人らしく目立ちたい気持ちとか。
でもシャープにカッコよく過ごしたいようなグローバルな気持ちとかいろいろあるかとは思います。
でも、振り返って思うに大学の4年間なんて人生のほんの一瞬。
1年2年ダブったってたかが知れてるわけですよ。
なのでそういう細かいことでうじうじするより、大いに楽しんでその時しか出来ない経験を大いにし、そして何事にも真剣に素直に立ち向かってほしいなってそんな風に思います。バイトでも遊びでも留学でも部活ででもです!

話それましたが、楽曲自体はかなり跳ねているので、歌唱テクが必要な楽曲です。ただし跳ねている分、踊るととても楽しいリズムなので、参加するととても楽しいはずです。
最後の転調まで含めてこのバリバリのJ-POPを大いに楽しんで歌ってほしいです! 僕はかなり細かいニュアンスでグルーブしてるベースラインをかなり気にいってます!

音楽ナタリーをフォロー