音楽ナタリー

サンフジンズ、関取花と迎えた「問診過注射」初日

899

サンフジンズ(撮影:山本倫子)

サンフジンズ(撮影:山本倫子)

サンフジンズが自主企画イベント「問診過注射2016 vol.1」を3月1日に東京・UNITにて開催した。

「問診過注射2016」は彼らが新たに始めた対バンイベント。サンフジンズは今年「さん」の付く日にさまざまな企画を実施する予定だとアナウンスしており、「問診過注射2016」はその一環となる。3月は1日から3日まで3日連続で「問診過注射2016」が行われた。

初日となったこの日のゲストは関取花。彼女は谷口雄(Key)、田中佑司(Dr)、ガリバー鈴木(B)からなるサポートバンドを従えてナース服で登場し、観客を驚かせる。さらに「それでは診察を始めます!」とサンフジンズを意識した挨拶をすると、「だからベイビー」でライブをスタートさせた。彼女はその後、バンドメンバーとともに演奏した「私の葬式」や、谷口と2人でしっとりと聴かせた「流れ星」、1人による弾き語りで送った「さらばコットンガール」など、さまざまな形で楽曲を届けていく。また曲間には、ナース姿の自身について「この格好で相席居酒屋に行ったらモテますかね?」と観客に問いかけてみたり、曲にまつわるエピソードをユーモアあふれる語り口で話したりと、軽妙なトークを展開。場内を和やかなムードに包み、サンフジンズへとつないだ。

サンフジンズはカイ・ギョーイ(奥田民生)がメインボーカルを取る「過注射」で一気に場内をヒートアップさせると、3人が交互にボーカルを取る「さっさっサンフジンズ」、ジューイ・ラモーン(岸田繁 / くるり)がメインで歌唱する「パン屋さん」など、担当楽器やボーカルを次々と入れ替えながら、テンポよく楽曲を投下していく。またカイ・ギョーイがタイトルコールの際に「パン屋さん」をもじり「『酒屋さん』!……あ、間違えた」ととぼけてみせ、ジューイ・ラモーンから酒を受け取る一幕も。さらにカイ・ギョーイに「面白いことを言ってから始めようか」と振られたジューイ・ラモーンが「鶏肉を取りに行く」と言ってみせるなど、3人は自由奔放なパフォーマンスでも観客を喜ばせた。「富士夫人」のアウトロではケン・シューイ(伊藤大地)が刻むビートに乗せ、フロントの2人が迫真のプレイを見せるなど、彼らはユーモアを織り交ぜながら精緻かつグルーヴィな演奏でライブを進行していった。

MCではカイ・ギョーイが、この日から3日連続で「問診過注射2016」を行うことに言及。「今日は明日とあさってに備えています。絶対全部の力は出さないからな! 明日とあさっての“オペ”が失敗したらどうするんですか!」と冗談を口にする場面も。続く「ちゅーきんキング」ではジューイ・ラモーンが考えてきたというラップを披露。ケン・シューイによる迫真のドラムソロも繰り出され、ファンは彼らの多彩っぷりを堪能した。

アンコールで彼らは「ライブ1本やっても曲が余ってるみたいになってきたね」「ベテランぽいね」「成長しましたな」とうれしそうに言葉を交わす。そして「じょじょ」、正月にできたという新曲「問診してください」をプレイ。場内が熱気に満ちる中、1時間を超えるセットリストで、「問診過注射2016」の初日の幕を下ろした。

なお以降の「問診過注射2016」は4月から6月まで毎月3日に実施される。

問診過注射2016 vol.1
2016年3月1日 UNIT セットリスト

関取花

01. だからベイビー
02. 私の葬式
03. はつ恋
04. 流れ星
05. さらばコットンガール
06. めんどくさいのうた

サンフジンズ

01. 過注射
02. サーフジーンズ
03. さっさっサンフジンズ
04. パン屋さん
05. 奇数したい
06. 右から左
07. ハリがないと
08. そのかわり
09. 富士夫人
10. ちゅーきんキング
11. ふりまいて
12. サンフジンズのテーマ
<アンコール>
13. じょじょ
14. 問診してください

サンフジンズ対バン企画「問診過注射2016」(※終了分は割愛)

問診過注射2016 vol.4

2016年4月3日(日)東京都 LIQUIDROOM
<出演者>
サンフジンズ / ROTH BART BARON

問診過注射2016 vol.5

2016年5月3日(火・祝)東京都 下北沢GARDEN
<出演者>
サンフジンズ / 柴田聡子

問診過注射2016 vol.6

2016年6月3日(金)大阪府 梅田CLUB QUATTRO
<出演者>
サンフジンズ / シャムキャッツ

音楽ナタリーをフォロー

  • スタッフ募集のお知らせ【音楽ナタリー編集記者】