音楽ナタリー

小田和正「クリスマスの約束」今年もスペシャルコラボ実現

10523

12月25日(水)23:19よりTBS系にて放送される音楽番組「クリスマスの約束 2013」の公開収録が12月3日に千葉・舞浜アンフィシアターにて行われた。

「クリスマスの約束」は、小田和正が毎年豪華なゲストアーティストを招いて一夜限りのスペシャルライブを行うクリスマスの恒例番組。公開収録には約16万人の観覧応募者の中から選ばれた2000人が来場した。13年目を迎える今回はゲストに桜井和寿(Mr.Children)、JUJUスキマスイッチ、根本要(スターダスト☆レビュー)、松たか子、水野良樹(いきものがかり)、そして初出演となる吉田拓郎の7組が集結。また小田の母校である東北大学の混声合唱団67名もステージに立ち、小田が東北に向けて作った「その日が来るまで」や、東北大学の校友歌「緑の丘」の合唱を披露した。

小田が「1970年代、カリスマと呼ばれるシンガーがいました」と語ったのちにステージに登場したのは拓郎。2人が共演するのは1996年9月に行われた「阪神・淡路大震災救済支援コンサート」以来約17年ぶりのこと。拓郎は「お互い長い音楽生活を送っているんだけど、こうやって2人で並んでやるのは初めてだね」と語り、小田とともに「落陽」などを披露した。さらに拓郎は「今はステージで歌えているのが楽しい。音楽の持つ力がようやく分かってきた。歌いながら皆の顔が見れるのがうれしいんだ」とコメントし、最後は小田と固い握手と抱擁を交わしてステージをあとにした。

小田、スキマスイッチ、根本、水野からなる通称「クリ約小委員会」のコーナーでは、全員で選曲したというカバー曲やスキマスイッチの代表曲など3曲が披露された。このコーナーは拓郎の公開収録後に実施され、根本は思わず「拓郎さんのステージを見てたら5人ともすごい本気になってしまった」とコメント。大橋卓弥は「拓郎さんと小田さんが歌っているのを見て、純粋にその歳まで歌えてたらいいなと思って、『よし!歌おう!』と思った。それが僕の夢になりました」と語った。

10年ぶりの同番組への出演となる桜井が登場した収録場面では、桜井と小田によって共同制作された新曲「パノラマの街」が披露された。なお番組ではライブパフォーマンスのほか、貴重な2人の共同制作の様子も放送される。そして公開収録の終盤を盛り上げたのは、「クリスマスの約束」常連となるJUJUと松たか子。2人は小田とともにクリスマスにぴったりなカバー曲や、小田の新曲をしっとりと歌い上げた。

25日の放送では、このライブの模様が約2時間にわたって送られる。この番組ならではのパフォーマンスがたっぷり届けられるので、クリスマスの夜を楽しみにしておこう。

TBS系「クリスマスの約束 2013」

2013年12月25日(水)23:19~25:19
<出演者>
小田和正 / 桜井和寿(Mr.Children) / JUJU / スキマスイッチ / 根本要(スターダスト☆レビュー) / 松たか子 / 水野良樹(いきものがかり) / 吉田拓郎

小田和正 コメント

随所で感動してしまいました。とても素敵な時間をすごさせて頂き、感謝の気持ちでいっぱいです。来年がみんなにとって素敵な年になるよう祈ってます。

阿部龍二郎プロデューサー コメント

本当に今年はすごい事になっています。今夜、何かが起きる。伝説のライブではありません。今日のライブが“歴史“となります。しかも、涙が出てしまうような圧倒的な“音楽の歴史”が刻まれます。どうぞ、奇跡を目の当たりにしてください。

音楽ナタリーをフォロー

  • 読者アンケート実施中【音楽ナタリー】