映画ナタリー

宮沢りえの賛辞にムーミン大照れ!森川智之はスナフキン驚かせ、朴ろ美はおったまげる

366

「ムーミン谷とウィンターワンダーランド」ジャパンプレミアの様子。

「ムーミン谷とウィンターワンダーランド」ジャパンプレミアの様子。

本日11月14日、「ムーミン谷とウィンターワンダーランド」ジャパンプレミアが東京・丸の内TOEIで開催され、日本語吹替版キャストの宮沢りえ森川智之朴ろ美、サラ・オレインが出席した。

本作は、トーベ・ヤンソンの絵本をもとにしたパペットアニメーション映画。ムーミン谷にクリスマスがやって来るストーリーにちなんで、ステージ中央には大きなツリーが飾られた。かねてからムーミンのファンだった宮沢は「ドキドキしました」とオファーを受けた際の気持ちを明かし、「(ムーミンの魅力は)ピュアな心と冒険心に満ち溢れているところ。穏やかな生活をしているムーミンのことを想像しながら演じました」とアフレコ時を振り返る。宮沢の隣に立ったムーミンは、賛辞に照れた様子を見せながらも、時折うなずきながらその言葉を聞いていた。

「実はテレビシリーズのオーディションでスナフキン役を受けて、落ちていたんです」と告白して、スナフキンを驚かせたのは森川。本作で5役を務めた感想をMCに問われると、森川は「それ僕に聞きます!? このあと話す朴さんは13役なのに……!」とツッコミを入れながらも、「キャラに対して愛情がある皆さんの期待を裏切らないよう、一生懸命演じなきゃと思いました」と真摯に答えた。

続いて、朴は「おったまげました! 台本を開いて朴ろ美の嵐だったらどう思います? 間違いじゃなかったんです。すっ飛びました! 戦慄しかなかったです!」と、13役を担当すると知った際のことを回想して笑いを誘う。日本語吹替版と英語版の主題歌を担当し、声優にも挑戦したオレインが「赤いリスちゃんの役です。ムーミンファンとしては興奮しました。声を5個くらい用意して行って……」と述べた際には、森川から「5個!? すげえ! 俺、ギリギリ5個だったのに(笑)」と、朴からは「なんで5役担当してくれないんですか?」と声が上がる。

そして最後に宮沢が「シンプルで穏やかな時間をどうぞ楽しんでいってください!」と観客に語りかけ、舞台挨拶は終了した。

「ムーミン谷とウィンターワンダーランド」は、12月2日より全国でロードショー。

※朴ろ美のろは王へんに路が正式表記

(c)Filmkompaniet / Animoon Moomin Characters TM

映画ナタリーをフォロー