映画ナタリー

「ちはやふる」矢本悠馬&森永悠希のかるた部同窓会特集が公開、プチ同棲秘話も

235

左から森永悠希、矢本悠馬。

左から森永悠希、矢本悠馬。

「ちはやふる」2部作が、auの動画配信サービス・ビデオパスにてレンタル配信中。このたびビデオパスnaviにて、同作キャストの矢本悠馬森永悠希が出演する“瑞沢高校かるた部同窓会”と銘打ったインタビューが公開された。

末次由紀のマンガを広瀬すず主演で実写映画化し、競技かるたに青春を懸ける高校生たちの姿を描いた「ちはやふる」。主人公・綾瀬千早率いる瑞沢高校かるた部の部員“肉まんくん”役を矢本が、“机くん”役を森永が務めている。

広瀬、矢本、森永、そして野村周平上白石萌音を含めたかるた部員キャストは仲が良すぎて“奇跡的”だったという。矢本は「本番ギリギリまで笑いが止まらなかったのに、よくあんな泣けるような映画を撮れたなって思うくらい。みんな芝居うまい!みたいな」と振り返る。5人は今でも連絡を取り合っているそうで、森永も「かるた部のSNSのトークルームがあるんですが、上白石萌音ちゃんに『君の名は。』観たよーって言ったり、ほかの人の出演作の感想を言い合ったり」と話した。

さらに後半では、2人がプチ同棲していたという事実も明らかに。矢本いわく、「(仕事で)ちょっと身体がヤバいなってなって、森永で助っ人でメシ作らせようと思って(笑)」とのこと。特集内では、「一緒に草抜きをした」「テレビの録画欄がバラエティしかない」といった詳しいエピソードも語られる。

なお特集の最後には、ライバル校・北央学園かるた部の“ヒョロ”役・坂口涼太郎からのコメントも掲載。「ヒョロくんのビジュアルに近付くために7kgほどの減量もした」といった裏話を披露している。

映画ナタリーをフォロー