映画ナタリー

「新宿スワン」続編製作決定!クランクイン迎え綾野剛、伊勢谷友介らが再集結

713

「新宿スワン2(仮題)」の撮影初日、バースト事務所のロケセットでのキャストたち。

「新宿スワン2(仮題)」の撮影初日、バースト事務所のロケセットでのキャストたち。

綾野剛主演「新宿スワン」の続編製作が決定。1月27日より撮影が開始されたことが明らかになった。

2015年5月に公開された「新宿スワン」は、和久井健のマンガを原作に、東京・新宿歌舞伎町で水商売を斡旋するスカウトマンたちの抗争を描いた作品。続編でも引き続き園子温が監督を務め、「クローズZERO」シリーズの水島力也が脚本を手がける。また新たに「るろうに剣心」シリーズなどで知られる谷垣健治がアクション監督として参加。綾野は、続編製作決定にあたり「『新宿スワン2(仮題)』では、新たに最凶の猛者との激しい狂乱、儚くも美しく立ち続ける女性、そして、男の友情。皆様の期待を超える続編を届けるべく、更なる頂に向かって邁進いたします。いーくぞー!」とメッセージを寄せている。

クランクイン初日は、前作の約3倍の広さになったスカウト事務所・バーストで主人公の白鳥龍彦らが集まるシーンが撮影された。再び髪を金色に染めた綾野のほか、バーストのメンバーは真虎役の伊勢谷友介、葉山豊役の金子ノブアキ、関玄介役の深水元基、時正役の村上淳、山城神役の豊原功補が続投。この日撮影された場面は新たな物語のきっかけとなる重要なくだりで、脚本で6ページにわたる長いシーンだったが、現場ではキャストらが息の合った芝居を見せた。綾野は「正直、前日までは、龍彦の感覚を戻す為に前作を観たり原作を読み返したりしていましたが、現場で山城社長や真虎さん、関さん、時正さん、葉山さんに会うと、すんなり龍彦に戻りました。一緒に前作をやってきた強みだと思います」と感想を話す。また前日の1月26日は綾野の誕生日だったことから、スタッフ、キャストが34歳を迎えた綾野を祝福した。この「新宿スワン2(仮題)」は約2カ月かけて撮影が行われる予定。

なお本作では、3月初旬に神奈川・横浜で行う撮影のエキストラを募集中。総勢200名のキャバクラ嬢が集まる大掛かりなシーンで、応募要項などの詳細は前作「新宿スワン」の公式サイトに掲載される。

綾野剛 コメント

「新宿スワン」続編。前作「新宿スワン」が皆様に愛された結果だと自負しております。この場を借りて、各部署スタッフ、キャスト一同、感謝申し上げます。「新宿スワン2」では、新たに最凶の猛者との激しい狂乱、儚くも美しく立ち続ける女性、そして、男の友情。皆様の期待を超える続編を届けるべく、更なる頂に向かって邁進いたします。いーくぞー!

映画ナタリーをフォロー

  • スタッフ募集のお知らせ【音楽ナタリー編集記者】