映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

綾野剛がチケットもぎり!「新宿スワン」ヒットを祝して大阪で舞台挨拶

67

園子温の監督作「新宿スワン」の大ヒット御礼舞台挨拶が、6月7日に大阪・TOHOシネマズ なんばにて行われ、主人公の白鳥龍彦役を務めた綾野剛が出席した。

「新宿スワン」は、和久井健の同名マンガを実写映画化した人間ドラマ。東京・歌舞伎町を舞台に、水商売のスカウトマンたちが熾烈な争いを繰り広げるさまを描く。

この舞台挨拶は、前売り券の売り上げが全国で最も多かった劇場に綾野が出向くという「綾野剛に会おう!キャンペーン」の結果を受けて実現したもの。当日は綾野自身の発案により、舞台挨拶付き上映回のチケットもぎりを実施。1人ひとりに声をかけながら出迎える綾野に、来場者からは大きな歓声が上がった。

舞台挨拶がスタートすると、ステージ上には大きなくす玉が。そして「新宿スワン!」という掛け声と共にひもを引くと、“祝「新宿スワン」大ヒット!!”と書かれた垂れ幕が姿を現した。すると綾野は「大ヒットしているのは皆さんのおかげです。本当にありがとうございます。僕も(大阪に)戻ってこられたのがとてもうれしいです。一番好きです、大阪が!」と大阪への愛を熱烈にアピール。

トークセッションでは、司会者から続編の可能性を尋ねられた綾野が「また龍彦が生きることができるのであれば、ぜひと思っています。映画がヒットしていれば、続編の可能性も出てくるんです。それが実現するとしたら、それは観客の皆さんがスワンに触れてくれたおかげです」と意欲を見せる。さらに、大阪での撮影を提案されると「なんばスワンとか。でも素直に大阪スワンでもいいのかもしれませんね」とほほえむ。

最後に観客へメッセージを求められると、綾野は「この映画は主張が強い作品で、誰かが客観的に観てくれないと成立しない作品です。皆さんが観てくれることで完成します。人生の2時間をいただいて、映画を観てもらえることが、とてもうれしいです」と力強く語り、舞台挨拶を締めた。

映画ナタリーをフォロー