映画ナタリー

「TIGER&BUNNY」ハリウッドで実写化!製作総指揮はロン・ハワード

11116

「TIGER & BUNNY」キービジュアル(左)と、ロン・ハワード(右)。(c)BNP/T&B PARTNERS (c)BNP/T&B MOVIE PARTNERS

「TIGER & BUNNY」キービジュアル(左)と、ロン・ハワード(右)。(c)BNP/T&B PARTNERS (c)BNP/T&B MOVIE PARTNERS

アニメ「TIGER & BUNNY」がハリウッドで実写化されることが明らかになった。

これはアメリカで開催されているニューヨーク・コミコン2015の「サンライズ・BN Pictures」パネル会場にて発表されたもの。日本のコンテンツと世界の映画会社を結びつける事業を行うAll Nippon Entertainment Worksと、「アポロ13」「ダ・ヴィンチ・コード」などを手がけてきたロン・ハワードが率いるイマジン・エンターテインメント、バンダイナムコピクチャーズが共同で製作する。

会場ではアニメ版関係者からのビデオメッセージを上映。2011年に放送されたテレビアニメ版の監督さとうけいいちが「とてもワクワクしています。ロン・ハワードの『TIGER & BUNNY』、僕も楽しみにしています」とコメントすると、劇場版2作品で監督を務めた米たにヨシトモも「日本で愛された『TIGER & BUNNY』が世界でもっともっと愛されるとうれしいです」と喜びを語る。その後、シリーズ構成を手がけた西田征史、キャラクターやヒーロースーツの原案を担当した桂正和らもそれぞれに思いを明かしていく。最後に本作で製作総指揮を執るハワードが登場し、「尾崎(雅之)プロデューサーはじめ原作クリエイターの皆さんとは同志だと思っています。世界中で観ていただけるように作品作りを共同でしていきます!」と宣言。会場からは割れんばかりの歓声が上がった。

アニメ「TIGER & BUNNY」は、ヒーローが職業として成立する近未来的都市を舞台にしたSFアクション。“NEXT”と呼ばれる特殊能力を持つヒーローたちが、スポンサーロゴを背負って特殊犯罪に立ち向かい、人命救助に奔走する。落ち目のベテランヒーロー・ワイルドタイガーこと鏑木・T・虎徹と、有能だが扱いにくい新人バーナビー・ブルックスJr.の凸凹ヒーローコンビが、対立しながらも力をあわせ絆を深めていく。

ロン・ハワード コメント

BN Pictures(バンダイナムコピクチャーズ)と、ANEW(All Nippon Entertainment Works)とともに「TIGER & BUNNY」をプロデュースすることを、最高にうれしく思います。ANEWから本作の提案を受けたとき、即座にコンセプトに惹かれました。斬新で、日本でも大きな成功を収めた作品であり、これほどユニークで力強い要素が多く盛り込まれた素晴らしいバディ作品は見たことがありません。タイガーとバーナビーの人物像は非常に奥が深くダイナミックで、心理的に複雑に絡み合った関係性を持っています。彼らを全世界の映画ファンに知ってもらうことに一役買えることを光栄に思います。

さとうけいいち コメント

とてもワクワクしています。ロン・ハワードの「TIGER & BUNNY」、僕も楽しみにしています。

米たにヨシトモ コメント

日本で愛された「TIGER & BUNNY」が世界でもっともっと愛されるとうれしいです。

西田征史 コメント

ファンの皆さんと育てた作品がどう生まれ変わっていくのか楽しみです。

桂正和 コメント

実写化ということですごく驚いています。デザイナーとしてヒーロー・スーツがどうなるのかすごく楽しみです!

※映画ナタリー Power Push 公開中!
マンガ家・桂正和が語る「ファンタスティック・フォー」

映画ナタリーをフォロー

  • スタッフ募集のお知らせ【プロモーションプランナー】