映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

小池ノクトによるスリラーマンガ「6000」、ハリウッドで実写化に向け始動

20

兄妹ユニット・小池ノクトによるマンガ「6000―ロクセン―」の実写化プロジェクトが、ハリウッドで始動したことが明らかになった。

同作は、日本のコンテンツと世界の映画会社を結びつける事業を行うAll Nippon Entertainment Works(ANEW)と、「ブラック・スワン」「シャッター アイランド」などのプロデューサー、マイク・メダヴォイがタッグを組み製作。アカデミー賞受賞作などを多数手がけているメダヴォイは「この独創性の高い原作を発見し、リメイクに関する映像化権を確保して、その上で作品開発に向けて私たちと協働するために尽力してくれたANEWに感謝します」とコメントしている。

原作となる「6000―ロクセン―」は、水深6000mの深海にある石油採掘施設を舞台にしたサバイバルスリラー。謎めいた惨事により操業中止となった同施設を再始動させるために送り込まれた作業員たちが、閉ざされた環境の中で危険と向き合っていく。日本に留まらず、フランス、イタリア、ポーランド、台湾などで出版され、世界各国で高い評価を受けている。ハリウッドでの実写化に対して小池は「やり残した事や行き届かなかった部分がアメリカのトップクリエイターの手によってどう料理されるのか、とても楽しみです」と期待を寄せた。

小池ノクト コメント

ハリウッド映画を観て育ち、自分もエンタテインメントを提供する仕事に就きたいと思って漫画家になった私にとって「6000―ロクセン―」はアメリカの映像文化に対するオマージュであると同時に、どうしようもない環境に振り回されながらもがく、自分も含めた多くの人々への共感に根ざしたホラー作品です。やり残した事や行き届かなかった部分がアメリカのトップクリエイターの手によってどう料理されるのか、とても楽しみです。

マイク・メダヴォイ コメント

私たちは「6000―ロクセン―」の緊迫感に即座に引きつけられました。この心理スリラー作品を世界中の映画ファンにお届けするのがとても楽しみです! また、この独創性の高い原作を発見し、リメイクに関する映像化権を確保して、その上で作品開発に向けて私たちと協働するために尽力してくれたANEWに感謝します。

映画ナタリーをフォロー