コミックナタリー

小学館ビルの「ラクガキ」が一般公開、約8000人が来場

566

藤子不二雄(A)、浦沢直樹、ゆうきまさみ、島本和彦ら100名以上のマンガ家が参加した「小学館ビルありがとう! ラクガキ大会」。その「ラクガキ」が描かれた小学館ビルの応接ロビーと地下1階通路が、8月24日、25日の2日間にわたり一般開放された。各日8時15分より整理券が配布され、計8000人が訪れた。

「小学館ビルありがとう! ラクガキ大会」は、9月に取り壊される予定のビルにマンガ家たちが集い、思い思いの絵を残したもの。トキワ荘解体時にマンガ家たちがラクガキしたことをアイデアの発端に、8月9日に藤子不二雄(A)ら25名のマンガ家が小学館ビルに集合した。一般公開の予定はなかったが、読者からの声援に後押しされ、2日間にわたり公開されることとなった。

8月22日には、高橋留美子、室山まゆみ、藤田和日郎、田村由美ら84名のマンガ家が集合。当初一般公開を考えていた1階のスペースだけでは描き切れず、地下1階の通路にもラクガキをし、その量は約3倍に膨れあがった。池上遼一が水木しげる「ゲゲゲの鬼太郎」を、松田奈緒子が萩尾望都「ポーの一族」を描いたりと、ベテランも新人も関係なく、それぞれが思い入れのある小学館作品のキャラクターを執筆。ラクガキの写真は、9月下旬に小学館の公式サイトなどで紹介される予定だ。

小学館ビルは1967年に竣工。「オバケのQ太郎」の大ヒットによりビルが建設されたといわれている。「ラクガキ大会」の企画発案者である週刊ビッグコミックスピリッツ編集部の山内菜緒子氏は「『オバケのQ太郎』を描かれた藤子不二雄(A)先生がいらっしゃって、Qちゃんのラクガキをしてくださったことが非常に感慨深かったです」とコメントしている。

「ラクガキ」に参加した作家

藤子不二雄(A)、浦沢直樹、島本和彦、ゆうきまさみ、吉崎観音、黒丸、松田奈緒子、高田サンコ、白雪バンビ、杉木ヤスコ、西村ツチカ、ピョコタン、みづほ梨乃、あさだみほ、和央明、加藤みのり、コージィ城倉、月子、ながてゆか、千葉コズエ、溝口涼子、柏ぽち、高橋聖一、水口尚樹、高橋伸輔、高橋留美子、池上遼一、武論尊、室山まゆみ、むぎわらしんたろう、のむらしんぼ、樫本学ヴ、曽山一寿、藤田和日郎、河合克敏、浅野いにお、倉田よしみ、原秀則、芦原妃名子、桜小路かのこ、水波風南、篠原千絵、北川みゆき、青木琴美、渡辺多恵子、水城せとな、田村由美ほか

コミックナタリーをフォロー

  • スタッフ募集のお知らせ【音楽ナタリー編集記者】
  • コミックナタリー大賞