コミックナタリー

藤原カムイ、押井守が“マンガとアニメの融合作品”を発表

207

マンガとアニメの融合をイメージした電子出版の新コンテンツ「コミックアニメーション」の配信が、1月20日より始まっている。本日1月23日に記者会見が行われ、配信第1弾となる2タイトルに参加する藤原カムイ、押井守が出席した。

コマ内の絵が動く、効果音が鳴るといった新しいマンガの形を追求する演出が特徴の「コミックアニメーション」。作品には英語版も用意されており、iPhone、iPad、iPod向けのアプリとして配信される。

第1弾作品は久保淳原案、伊藤和典脚本のもと藤原が作画を務めた「銀色のうさぎ」と、押井が原作・監督を手がける「ちまみれマイ・らぶ」。「銀色のうさぎ」は妖怪の世界に迷い込み、超遠視能力をもつ「一つ目」に変身してしまった少年の冒険譚だ。ケロケロエース(角川書店)では2012年から先行して連載されている。かたや「ちまみれマイ・らぶ」は、献血マニアの男子高校生と空腹の吸血鬼少女が織りなすドタバタコメディだ。

「銀色のうさぎ」は端末を傾けることでコマ内の人物や背景が動き、遠近感、立体感を楽しめる。これについて藤原は「マンガ制作にコンピューターを導入するようになって、マンガにレイヤーという概念を持ち込めば面白いと思った」とコメント。また戦前まで流行したという装置型の見世物「覗きからくり」を見たことが、発想のきっかけになったという。

一方「ちまみれマイ・らぶ」はコマ割りがなく、ビジュアルノベルゲームを彷彿とさせる画面展開が特徴。イラストとその下部に表示されるテキストによって物語は進行する。押井は「紙媒体との最大の違いはカラーの発色の良さ」であるとし、グラフィック面での大胆な演出を狙うと語った。

両作とも全12話構成で、アプリは無料だが1話ごとのダウンロードは有料。「銀色のうさぎ」は各話170円、「ちまみれマイ・らぶ」は各話250円で配信される。

コミックナタリーをフォロー