中山昌亮のホラー「不安の種」が実写化、2013年に公開

 
mixiチェック

2012年12月27日 20:46 898

イメージ

「不安の種+」1巻

イメージ

中山昌亮「不安の種」の実写化が決定した。2013年に公開される。

これは本日12月27日に発売された、週刊少年チャンピオン2013年4・5合併号(秋田書店)にて発表されたもの。今号には「不安の種」の短編読み切りが掲載されており、短編の次ページで実写化決定の旨が見開きで告知されている。またこれに合わせて、実写版「不安の種」の公式サイトもオープンした。

なお実写版の発表媒体は明言されていないが、読み切りの内容および公式サイトのURLから、映画であることが推測できる。このほかの詳細は発表されていないため、続報の到着を待とう。

「不安の種」は月刊チャンピオンRED(秋田書店)で連載がスタートした、オムニバスホラー。その後週刊少年チャンピオン(ともに秋田書店)に連載の場を移し、「不安の種+」とタイトルを改めいくつもの恐怖エピソードを生み出した。主人公が何気ない日常の中で怪異のものに出会う様子が、インパクトの強い描写で表現されている。

ナタリーストア「ピンポン」グッズ
ナタリーストア「TOKYO CULTUART by BEAMS × egicco」グッズ
コミックナタリーpresents 現役マンガ編集者142人が年度折り返しの秋に選ぶ、この1年間に刺激を受けたマンガBest100。「コミックナタリー大賞 2013」公式サイト
コミナタ漫研 / マンガ家が語る「いま面白いマンガ」月例トークイベント全記録
コミックナタリーのニュースをTwitterでフォロー!