伊藤静、中山昌亮らのホラー読切集めたアンソロ、高港基資作品は約200P収録

107

廉価版のコンビニコミックス「怖異事典(こわいじてん) 2020」が、本日8月31日に少年画報社より発売された。

「怖異事典 2020」

「怖異事典 2020」

大きなサイズで見る(全2件)

「怖異事典 2020」は怪談読み切りを集めたアンソロジー。VRゲーム機を拾った男子大学生の悲劇を描く伊藤静「VR」をはじめ、伊藤和良、TETSUO、樋野貴浩、鳶田ハジメまつだこうた楠本哲、崎剛、壷野なか、tamacco、砂井田の描き下ろしが収められているほか、中山昌亮高港基資らが過去に発表した作品を再録している。なお高港の作品は傑作選という形で計9タイトル約200ページが収録された。

この記事の画像(全2件)

伊藤静のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 伊藤静 / 高港基資 / 中山昌亮 / TETSUO / 鳶田ハジメ / まつだこうた / 楠本哲 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。