コミックナタリー

板垣恵介の真・土下座マンガ「謝男 シャーマン」連載開始

120

板垣恵介の新連載「謝男 シャーマン」が、本日12月16日に発売された週刊漫画ゴラク12月30日号(日本文芸社)にてスタートした。

「謝男 シャーマン」は、RINとの共作「どげせん」を終えた板垣が新たに取り組む真・土下座マンガ。第1話は数100万羽に及ぶカラスの群れが、日本中から東京のとある一点に向かって飛ぶ描写から始まる。この壮大なプロローグから、いかなる土下座マンガが幕を開けるのかは誌面にて確認してほしい。

なお「謝男 シャーマン」以前に発表されていた「どげせん」は、共作者RINと板垣の考える土下座に相違が生まれたことから連載が中断。コンビは解消され、今後「どげせん」はRINの単体作品として執筆していくことが検討されている。

コミックナタリーをフォロー

  • スタッフ募集のお知らせ【音楽ナタリー編集記者】
  • コミックナタリー大賞