コミックナタリー

「斉木楠雄」に福田雄一「ヒットしたらパート2できたりして」と期待煽る

2466

「斉木楠雄のΨ難」完成披露舞台挨拶の様子。前列左から吉沢亮、橋本環奈、山崎賢人、新井浩文、笠原秀幸。前列左から福田雄一、賀来賢人、内田有紀、ムロツヨシ、佐藤二朗

「斉木楠雄のΨ難」完成披露舞台挨拶の様子。前列左から吉沢亮、橋本環奈、山崎賢人、新井浩文、笠原秀幸。前列左から福田雄一、賀来賢人、内田有紀、ムロツヨシ、佐藤二朗

麻生周一原作による実写映画「斉木楠雄のΨ難」の完成披露試写会が、本日9月28日に東京・丸の内ピカデリーにて開催された。

イベントには斉木楠雄役の山崎賢人、照橋心美役の橋本環奈、燃堂力役の新井浩文、海藤瞬役の吉沢亮、灰呂杵志役の笠原秀幸、窪谷須亜蓮役の賀来賢人、蝶野雨緑役のムロツヨシ、神田品助役の佐藤二朗、斉木久留美役の内田有紀福田雄一監督が登壇し、舞台挨拶を実施。無表情なまま心の中でさまざまなキャラクターにツッコミを入れる楠雄というキャラクターについて、山崎は「皆さんのボケに笑いをこらえるのが大変でした」と撮影の苦労を明かす。そんな中でムロツヨシとの共演シーンでは「ほぼ笑ってしまった」と山崎が告白すると、福田は「笑ってるところは2回くらい使ってる」と完成したフィルムについて説明した。

中二病の海藤を「役者人生の中で、一番のハマり役」と断言した吉沢は、「あの芝居、自分の中にあるものしか使ってないです。動きとかが降りてくるんですよ」と振り返る。「銀魂」にも出演していた吉沢に対し、福田も「現場でも僕の周りを『いやー楽しいわ』って言いながらうろうろしていて。『銀魂』ではそんな姿一度も見なかったです。あんなに緊張してた吉沢亮が、この作品でまあ羽ばたきましたよね!」と賞賛した。

ヒロイン・照橋の美しさに対して男性キャラクターたちが「おっふ」とリアクションを取る本作。中でも「おっふ」と発することが多い燃堂役の新井は、橋本に対し「でも実際かわいいからやりやすいよね。ほら、うち童顔好きだから」と告白した。その後山崎は観客に対して「悪い人が1人も出てこない、本当にハッピーで楽しい映画ですので、幸せになれると思います」と映画をアピール。福田は「ギャグ映画は日本ではあまりヒットしないものとされてしまっている」と語りながらも、「もしこういう作品がヒットしてくれたら我々の生きていく道ができる。そうしたら、ひょっとするとパート2なんかができたりして!」と抱負を述べた。映画「斉木楠雄のΨ難」は、10月21日に公開される。

(c)麻生周一/集英社・2017映画「斉木楠雄のΨ難」製作委員会

コミックナタリーをフォロー