コミックナタリー

アニメ「賭ケグルイ」の面白みは「賭けに勝つことではない」、制作陣がトーク

176

河本ほむら、尚村透原作によるテレビアニメ「賭ケグルイ」のトークイベントが、本日3月26日開催の「AnimeJapan 2017」にて行われた。壇上には林祐一郎監督、シリーズ構成の小林靖子、MAPPA代表取締役の大塚学氏、エイベックス・ピクチャーズの村上貴志プロデューサーが登場し、制作サイドからの裏話を明かした。

「賭ケグルイ」をアニメ化しようと思ったきっかけについて、村上プロデューサーは「ギャンブルものをやってみたいと常々思っていて」と語り出す。「『賭ケグルイ』の1巻を書店で見つけまして、面白いのはもちろん、人間の感情が入り乱れている。汚い部分が……きれいな部分もちょこっとあるんですけど、人間のいろんな面が出ている作品です」と述べた。

大塚氏は「『賭ケグルイ』アニメ化の話をいただいて、読んでみたら素晴らしい原作。いつお話をもらったかは覚えていないんですが、その当時すごく戦ったりスケートやったりと大変なアニメばっかりだったので(笑)、同じ場所でずっと机に座って賭けをするアニメというのにすごく惹かれまして。全力で芝居をやってみたいなと快諾しました」とアニメ化のエピソードを明かした。そして林監督を起用した理由を「(原作マンガを)読んでて、テンションの高さがすごい。すごい顔するなあって。映像化するとき、ここを大事にしないといけないと思ったんです。林監督は普段こうやって大人しいんですけど、ものすごく高いテンションを秘めている。絶対面白くなる」と言い切った。

林監督は「賭ケグルイ」をアニメ化する際のこだわりを「キャラクターの心理描写」と語る。「賭けがどんどんエスカレートしていくと、裏の感情や心の中が露出して豹変していく。そこに至る過程は、マンガだと見開きでパッと見せるインパクトがあるんですけど、アニメだとより効果的に見せるための積み重ねにこだわってます」と明かした。また主人公の蛇喰夢子について「不思議なキャラクターで、主人公なのにわかっていることが少ない。そういうところも変わった作品です。夢子に、周りのキャラクターが巻き込まれていく。夢子は賭け事に対して快感を覚えているだけ」と分析してみせた。

これを受けて小林も「お嬢様キャラかなと思って、マンガのコマとコマの間を埋めるセリフを書こうとしたときに『ですわよ』と思わず書きそうになったんです。でもよくよく読んだら夢子は『ですわよ』とか言わない。そういう微妙なバランスが面白い」と構成作家の視点で語る。続けて「夢子は『賭ケグルイ』を体現しているキャラクター。主人公なので、1話1話の賭け事は『夢子が勝つんだろうな』って思われると思うんですが、そこに面白みがあるわけではないんです。夢子が賭けることでの快感、いかに賭けを楽しんでいるかというところ」と見どころを明かした。

ここでアニメのキャスト発表が行われ、蛇喰夢子役は早見沙織、早乙女芽亜里役は田中美海、鈴井涼太役は徳武竜也とアナウンスされた。3人によるビデオメッセージも上映され、作品への意気込みが語られた。さらにアニメの公式Twitterでは、4月25日より学園を支配する生徒会側のキャスト情報が発表される。一足早く追加キャストを知ったという早見は「ものすごく豪華です」と期待をあおった。

ガンガンJOKER(スクウェア・エニックス)にて連載中の「賭ケグルイ」は、ギャンブルでの階級制度が存在する学園を舞台に、賭け事のリスクを楽しむ“賭ケグルイ”の蛇喰夢子を描くギャンブルマンガ。アニメは今夏放送される。

※「AnimeJapan」のイベントレポートなど関連記事はこちらから!

テレビアニメ「賭ケグルイ」

2017年夏放送

スタッフ

原作:河本ほむら・尚村透(掲載 月刊「ガンガンJOKER」 スクウェア・エニックス刊)
監督:林祐一郎
シリーズ構成:小林靖子
キャラクターデザイン:秋田学
音楽:TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUND
制作:MAPPA

キャスト

蛇喰夢子:早見沙織
早乙女芽亜里:田中美海
鈴井涼太:徳武竜也

(c)河本ほむら・尚村透/SQUARE ENIX・「賭ケグルイ」製作委員会

コミックナタリーをフォロー