コミックナタリー

太一と新どっちが好き?「ちはやふる」広瀬すず、Perfumeら交え女子トーク

1664

「ちはやふる」ひなまつり前夜祭“ちはや女子会”の様子。

「ちはやふる」ひなまつり前夜祭“ちはや女子会”の様子。

末次由紀原作による映画「ちはやふる」のひなまつり前夜祭“ちはや女子会”が、本日3月2日に東京・恵比寿ガーデンルームにて開催。綾瀬千早役の広瀬すず、大江奏役の上白石萌音、さらにサプライズゲストとして、主題歌を担当したPerfumeが登壇した。

振り袖姿で登場した出演者たちに、女性客は大きな歓声を上げる。かしゆかは「私たちは3人とも原作が大好きで、映画化をニュースで知った瞬間に『絶対観に行こうね!』って言っていたんです」とコメント。イベントでは本作のために書き下ろされた楽曲「FLASH」の振り付けの一部を、Perfumeがレクチャーする場面も。かるたを取る動きを盛り込んだという振り付けについて、あ~ちゃんは「手裏剣(を投げる動き)みたいにならないようにするのが大事! 最後はみんなで決めましょう! かるたを取ったというドヤ顔を見せてください」とアドバイスしながらダンスを披露した。

ガールズトークのコーナーでは司会者から映画本編の胸キュン場面を問われ、「選べないよねー!!」と盛り上がる登壇者たち。のっちは「新の優しい感じの福井弁が好きです。方言萌えですね」と告白し、上白石は「おすず(広瀬)演じる千早ちゃんと、新が電話しているところを見た太一の顔が好きです。あのもどかしい表情に『ああっ、太一!』って思います」とイチ押しポイントを語った。広瀬は「やっぱり千早が太一におんぶしてもらうシーンかな。すごくナチュラルな流れで、幼なじみだからこそできるおんぶだと思いました」と振り返りながら、「でもよく考えると、好きな人の顔がここ(近く)にあるんですよ! そんなの耐えられない! そのとき太一にすごく感情移入しました」と顔を赤らめる。

さらに「太一と新のどちらが好きですか?」という質問に、あ~ちゃんは「新かな。小さいときから天才で、気付けばかるたをやっていた。そういうのに憧れます」と回答。のっちは「新です! 末次先生にお会いしたときに『好きなキャラを描いてあげるよ』と言われて、悩んだ末に新を選びました。そのときに『私、新のこと好きなんだ……』って気付いたんです」と答え、かしゆかは「私は逆に太一! 太一は切ない思いを胸に秘めながら、ずっと千早を支え続けてくれている存在だと思うんです」とそれぞれ好きなキャラに対して思いを告げる。

続けて上白石は「新ですね。さっき太一太一って言っていたのに申し訳ないですけど(笑)。新は離れていて、会えないのにずっと千早を思い続けていて、千早にとって心強い存在。誠実でまっすぐな人柄に憧れますね」と新の魅力を述べる。広瀬は「私はひょうきん者なので、太一なら近くにいてくれて一緒にワイワイできそう」と太一に一票。また「新は憧れていたい存在ですね。近付くとその世界観を壊しちゃうんじゃないかという気がします」と新についてコメントすると、それを聞いたあ~ちゃんは「実際に付き合うなら太一かも! 新はミステリアスすぎてどこに地雷があるかわからん!」と主張し観客の笑いを誘った。

イベントの最後には会場の全員で再び「FLASH」を踊ることに。広瀬が「ときめきと可能性と、青春と少しの恋心が混ざった熱い映画になりました。1人でも多くの方に届いたらうれしいです」と観客にメッセージを送り、イベントは幕を閉じた。

映画「ちはやふる」は2部作で制作。「ちはやふる -上の句-」は3月19日、「ちはやふる -下の句-」は4月29日に封切られる。

(c)2016 映画「ちはやふる」製作委員会 (c)末次由紀 / 講談社

コミックナタリーをフォロー

  • コミックナタリー大賞