コミックナタリー

第61回小学館漫画賞に「海街diary」「Sunny」「ハイキュー!!」など

613

第61回小学館漫画賞の受賞作品が発表された。一般向け部門には吉田秋生「海街diary」と松本大洋「Sunny」、少年向け部門には古舘春一「ハイキュー!!」、少女向け部門には河原和音原作によるアルコ「俺物語!!」、児童向け部門には吉もと誠「ウソツキ!ゴクオーくん」がそれぞれ選出されている。

「海街diary」は月刊flowers(小学館)にて不定期連載中。鎌倉を舞台に、新たな家族を迎えた4姉妹の共同生活を描き、2015年には綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すずが姉妹を演じる実写映画も話題を呼んだ。「海街diary」とのW受賞となった「Sunny」は親元で暮らせない子供たちのための施設・星の子学園を舞台に、少年たちの成長を描いた物語。2010年から月刊IKKIにて発表され、同誌の休刊後は月刊!スピリッツ(ともに小学館)に発表の場を移したのち、2015年に完結。

少年向け部門の「ハイキュー!!」は週刊少年ジャンプ(集英社)に連載されているバレーボールマンガで、TVアニメ2期「ハイキュー!! セカンドシーズン」が目下放送中のほか、舞台化も果たしている。少女向け部門の「俺物語!!」は、別冊マーガレット(集英社)で連載中のラブコメディ。いかつく不器用ながらも純情な男子高校生の剛田猛男を軸に描き、2015年にアニメ化および実写映画化された。

児童向け部門を受賞した「ウソツキ!ゴクオーくん」は2011年から別冊コロコロコミックSpecialで、2012年からは月刊コロコロコミック(ともに小学館)で連載。ウソをもってウソを制すダークヒーロー・ゴクオーくんの活躍を描いている。

第61回小学館漫画賞の審査委員はあらいきよこ、角田光代、かざま鋭二、かわぐちかいじ、弘兼憲史、ブルボン小林、細野不二彦の7名が務めた。受賞者には中野滋によるブロンズ像「みのり」と、賞金100万円が授与される。

第61回小学館漫画賞受賞作品

児童向け部門

吉もと誠「ウソツキ!ゴクオーくん」
掲載誌:別冊コロコロコミックSpecial、月刊コロコロコミック(ともに小学館)

少年向け部門

古舘春一「ハイキュー!!」
掲載誌:週刊少年ジャンプ(集英社)

少女向け部門

原作/河原和音 作画/アルコ「俺物語!!」
掲載誌:別冊マーガレット(集英社)

一般向け部門

吉田秋生「海街diary」
掲載誌:月刊flowers(小学館)

松本大洋「Sunny」
掲載誌:月刊IKKI、月刊!スピリッツ(ともに小学館)

コミックナタリーをフォロー

  • コミックナタリー大賞