コミックナタリー

「ベルセルク」来年新たにアニメ化!コミケで“生贄の烙印”シール配布

1533

「ベルセルク」新アニメのティザービジュアル。

「ベルセルク」新アニメのティザービジュアル。

三浦建太郎「ベルセルク」の新たなアニメ化プロジェクトが、2016年に始動することが明らかになった。

「ベルセルク」は戦乱で荒廃した架空の中世のファンタジー世界を舞台に、剣士ガッツの復讐の旅を描くダークファンタジー。重厚なストーリーや緻密な作画で世界中の読者に愛され、全世界での累計発行部数は4000万部にのぼる。1997年には「剣風伝奇ベルセルク」のタイトルでTVアニメが放映され、2012年から2013年にかけては劇場アニメ3部作が公開された。

本日12月25日発売のヤングアニマル2016年1号(白泉社)では新アニメのティザービジュアルを公開。「ベルセルク」本編は巻頭カラーで登場している。今後は不定期掲載となり、次回は夏頃の掲載を予定。カラーページには、三浦がアニメ化に際し寄せたコメントも掲載された。

また12月29日より行われるコミックマーケット89のNBCユニバーサルブース(No.451)では、新アニメのPVを解禁するほか、コミケ限定バージョンの“生贄の烙印”タトゥーシールを配布する。さらに本日からは国際展示場駅地上1階コンコースに新アニメ「ベルセルク」の看板が登場しているので、併せてチェックしてみては。

コミックナタリーをフォロー

  • スタッフ募集のお知らせ【音楽ナタリー編集記者】
  • コミックナタリー大賞