コミックナタリー

桂正和がアニメ「牙狼」新シリーズにメインキャラデザで参加、舞台は平安

1110

桂正和がアニメ「牙狼〈GARO〉」の新シリーズ「牙狼 -紅蓮ノ月-」に、メインキャラクターデザインとして参加することが決定した。

「牙狼〈GARO〉」は、人を食らう魔物・ホラーと戦う魔戒騎士や魔戒法師の活躍を描くアクションホラー。これまでに計5作のTVドラマシリーズをはじめ、映画、アニメ、マンガなど、さまざまなメディア展開が行われている。

「牙狼〈GARO〉-炎の刻印-」に続くTVアニメ第2弾「牙狼 -紅蓮ノ月-」では、平安時代を舞台としたストーリーが展開される。あわせて公開されたティザービジュアル第1弾には、白煙が立ち上る廃墟をバックに、桂デザインによるメインキャラクター4名のシルエットが描かれた。

また「牙狼 -紅蓮ノ月-」の公式サイトでは、ティザービジュアルに登場するメインキャラクターの1人「雷吼(ライコウ)」をフィーチャーした15秒の特別映像を公開。また8月14日から16日に東京ビッグサイトで行われるコミックマーケット88の東北新社ブースでは、メインキャラクターのデザイン画をあしらった「-紅蓮ノ月- 姿絵ステッカー」を配布する。

桂正和コメント

魔戒騎士や魔戒法師が、平安時代で暗躍するなんて、
それだけで“面白そう”感がすごい!
僕はGAROが大好きなんです。
雨宮センパイの作品の中でも群を抜いて好きなんです。
なので、今回アニメ版GAROに参加が決まった時は大興奮しました。
そんな訳で気合いが入りまくり、全力で仕事をしたんですが、
恐らくはそのせい……、得てしてそうなんだ。
「ケレン味たっぷりのネオ平安なカンジで」との依頼が、
僕には絶妙に難しいのも相まって、し終わった今、
『これで正解だったのか?もっとハジけた方が良かったんじゃないか?』
などと不安が絶大だったりしてます。
まあ、それはさておきです。
新しい登場人物、新しい時代設定のGAROが観られる喜びに、
ワクワクしつつ放送を待ちたいと思います!
いやもう早く観たいっ!!!!!

コミックナタリーをフォロー

  • 読者アンケート実施中【コミックナタリー】