コミックナタリー

ナルトたちの歴史を150点超の原画で追体験!NARUTO展は25日より

337

「連載完結記念 岸本斉史 NARUTO-ナルト-展」に展示された原画。(c)岸本斉史 スコット / 集英社

「連載完結記念 岸本斉史 NARUTO-ナルト-展」に展示された原画。(c)岸本斉史 スコット / 集英社

4月25日より東京・森アーツセンターギャラリーにて、岸本斉史「NARUTO-ナルト-」の展示イベント「連載完結記念 岸本斉史 NARUTO-ナルト-展」が開催される。これに先がけ、プレス向け内覧会が本日4月23日に行われた。

150点を超える原画を展示し、15年におよぶ歴史を追体験できる内容に仕上げられた「NARUTO-ナルト-展」。劇中のバトルシーンの数々をパネル展示する第1エリアの「再会の間」には、岸本からのメッセージ色紙も壁面に飾られている。次いで来場者を出迎えるのは、展覧会のために制作されたオリジナルムービーを上映する「木の葉 あうん座」。「木ノ葉隠れの里」と銘打ったエリアでは、原作第1話で火影岩にイタズラ描きをするナルトを立体造形で再現している。

その後は原作第1話の原画を公開する「ナンバー1:うずまきナルト!!」や、第1部の終盤でナルトとサスケが死闘を繰り広げたスポットをレリーフ造形で再現した「終末の谷」、作品のテーマにフォーカスしてチョイスしたカラー原画がずらりと並ぶ「託された想い」といったエリアが続く。劇中のさまざまなバトルを紹介する「戦闘(たたかい)のキオク」のコーナーには、サスケの等身大フィギュアが設置されている。ナルトとサスケが対峙する最終決着シーンをフィーチャーした「ナルトとサスケ」エリアでは、2人のこれまでの歩みが映像と原画で再現された。

そのエリアを抜けると、最終話の全原画と七代目火影に就任したナルトの等身大フィギュアが飾られた「ナンバー700:うずまきナルト!!」の展示室に。展覧会のラストを飾る「受け継がれる忍道」コーナーでは、岸本へのインタビュー映像を上映しているほか、岸本が「NARUTO-ナルト-」のストーリーを着想した、故郷の岡山県・奈義町立図書館のデスクを再現して設置。また4月27日発売の週刊少年ジャンプ22・23合併号(集英社)から、短期集中連載としてスタートする「NARUTO-ナルト-外伝『七代目火影と緋色の花つ月』」や、8月7日公開の映画「BORUTO-NARUTO THE MOVIE-」にまつわる展示も並んでいる。

内覧会の前には開幕を記念したセレモニーも実施され、乃木坂46の生駒里奈、小島よしお、鳴戸親方(元琴欧洲関)が登場。「NARUTO-ナルト-」のファンを公言する生駒は「入り口から大号泣してしまうくらい、濃い展示内容でした。これから来る方は厚手のタオルを持ってきたほうがいいと思います」と来場者へアドバイスする。小島は展示を見て思いついたというギャグ「螺旋丸パッピー」を披露したほか、鳴戸親方と火影の座を賭け相撲勝負を行い会場を盛り上げた。

「連載完結記念 岸本斉史 NARUTO-ナルト-展」は森アーツセンターギャラリーのほか、7月18日から9月27日にかけて大阪文化館・天保山でも開催。東京会場の前売券は明日4月24日まで、全国のローソンとミニストップに設置されているLoppiおよび、WEBサイトのローチケ.comにて販売中だ。

※記事初出時、本文および写真のキャプションに誤記がありました。お詫びして訂正いたします。

連載完結記念 岸本斉史 NARUTO-ナルト-展

東京会場

会期:2015年4月25日(土)~6月28日(日)※会期中無休
時間
・4月25日(土)9:00~翌6:00
・4月26日(日)~5月6日(水)、6月20日(土)~6月28日(日)、左記以外の土日9:00~21:00
・5月7日(木)~6月19日(金)の平日10:00~20:00
(いずれも入館は閉館の30分前まで)
会場:森アーツセンターギャラリー
料金:(特典付き前売り券)一般・学生1900円、中学・高校生1400円、4歳~小学生600円(特典なし前売り券)一般・学生1800円、中学・高校生1300円、4歳~小学生500円(当日券)一般・学生2000円、中学・高校生1500円、4歳~小学生800円

大阪会場

会期:2015年7月18日(土)~9月27日(日)
会場:大阪文化館・天保山(海遊館となり)

コミックナタリーをフォロー

  • スタッフ募集のお知らせ【編集アシスタント】
  • コミックナタリー大賞