コミックナタリー

マンガ大賞2014ノミネート作発表、友達に薦めたい10作

1332

書店員を中心とした有志による選考委員が、“今、いちばん友達に薦めたいマンガ”を投票で決める「マンガ大賞」。7回目の開催となる2014年度のノミネート作品が発表された。

ノミネートしたのは、panpanya「足摺り水族館」、桜井画門「亜人」、森薫「乙嫁語り」、佐野菜見「坂本ですが?」、武田一義「さよならタマちゃん」、松田奈緒子「重版出来!」、鈴木央「七つの大罪」、九井諒子「ひきだしにテラリウム」、三部けい「僕だけがいない街」、ONE原作・村田雄介作画「ワンパンマン」の10タイトル。大賞作品の発表および授賞式は3月27日を予定している。前年度マンガ大賞に選ばれた吉田秋生「海街diary」に続くのはどの作品となるのか、結果が気になるところだ。

「マンガ大賞」の選考方法は2段階。2013年1月1日から12月31日の間に単行本が発売された作品のうち、最大巻数が8巻までのマンガ作品を対象に1次選考が行われ、98人の選考員が223作品へ投票。得票数上位10作品をノミネート作品とした。選考員全員がノミネート作品すべてを読んだ上で1位から3位までを選定し、ポイント制での集計を経てトップに輝いた作品を「マンガ大賞」とする。

マンガ大賞2014ノミネート作品(作品名あいうえお順)

panpanya「足摺り水族館」
桜井画門「亜人」
森薫「乙嫁語り」
佐野菜見「坂本ですが?」
武田一義「さよならタマちゃん」
松田奈緒子「重版出来!」
鈴木央「七つの大罪」
九井諒子「ひきだしにテラリウム」
三部けい「僕だけがいない街」
ONE原作・村田雄介作画「ワンパンマン」

コミックナタリーをフォロー

  • スタッフ募集のお知らせ【音楽ナタリー編集記者】
  • コミックナタリー大賞