大竹しのぶ主演「女の一生」上演決定、演出は段田安則

285

「女の一生」の上演が決定した。主人公の布引けい役を大竹しのぶ、演出を段田安則が務める。

大竹しのぶ

大竹しのぶ

大きなサイズで見る(全3件)

「女の一生」は、森本薫が文学座に書き下ろした、杉村春子の代表作。出演にあたり大竹は、「杉村さんが長い間大事にしてきた、けいの魅力をきちんと理解し、表現できるように誠実に一生懸命演じてゆきます」と意気込みを語っている。

公演は2020年10月18日から27日まで京都・南座、31日から11月26日まで東京・新橋演舞場にて。

大竹しのぶコメント

役者にとって、一つの役を演じ続けることができるのは幸せなことです。
何度でも、何度でも、より深く、より良くなるチャンスを与えられているのですから。
が、何度もやる為には、その役が強い支持を得られなければなりません。
杉村春子さんは、そんな強い支持を受けられてきた、ただ一人の女優さんなのではないでしょうか。
そして今度、この役を大好きな演舞場で、初めて立つ素晴らしい南座で、私が演じることになりました。
杉村さんが長い間大事にしてきた、けいの魅力をきちんと理解し、表現できるように誠実に一生懸命演じてゆきます。頑張ります。

この記事の画像(全3件)

「女の一生」

2020年10月18日(日)~27日(火)
京都府 南座

2020年10月31日(土)~11月26日(木)
東京都 新橋演舞場

作:森本薫
演出:段田安則
出演:大竹しのぶ

全文を表示

関連記事

大竹しのぶのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 大竹しのぶ / 段田安則 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします