映画ナタリー Power Push - 「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」

本郷奏多インタビュー 感情のメーターを100にするとき

取材・文 / 伊東弘剛 撮影 / 笹森健一

好きなものを好きと言うのはすごく大事

──「NANA2」「GANTZ」「奴隷区 僕と23人の奴隷」など、本郷さんはマンガの実写化作品に多数出演されていますが、そのときに心がけていることはありますか?

毎回必ず原作のマンガをしっかりと読み込んで、ファンと呼ばれる人たちと同じか、それ以上のファンになることを心掛けています。そうなると何をすべきか、するべきじゃないかもわかるし、どういうバランスで役を作っていけばいいかも見えてくるので。

本郷奏多

──出演のオファーをもらったタイミングで、原作を読み始めるんですか?

そうですね……出演オファーをいただく作品の多くがもともと好きなマンガだというのがあって。やっぱり、「好きだ」と言っていると作品のほうから寄って来ることがあると思うんです。そのマンガに関わっている人が見て、「あ、この人好きなんだ」って意識してもらえるでしょうし。だから好きなものを好きって言うのはすごく大事だと思っています。

──もともと好きな作品だと、モチベーションも上がりそうですね。

そうですね。出演オファーがあれば改めて原作を読み返しますし、アニメ化されていたらアニメも観ます。人気があり、ファンがたくさんいるということは必ずいい作品だと思うので、その作品の魅力を自分なりにじっくりと考えますね。そうすることで、その作品において必要だと思うものを自分の中で取捨選択できるようになるので。

新しいキャラクターたちが生む新鮮な驚き

──本郷さんは出演が決まる前から、原作のマンガ「進撃の巨人」のファンだと公言されていましたが、出演オファーが届いたときの心境は?

「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」より。

もう本当にうれしかった! 淡い期待すら抱いていなかったので、喜びも大きかったです。

──原作にはない新しい要素についてどう思いました?

台本を読んだときは、日本で「進撃の巨人」を制作する上でいいバランスになっているなあと思いました。原作のキャラクターのほとんどは欧米系の名前ですし、舞台もたぶん日本じゃないですよね。それを日本で、日本のキャストとスタッフで作るとなったとき、変えたほうがいい部分もあるし、変えないほうがいい部分もある。その兼ね合いの中で作ったんだなという印象を持ちました。

──シキシマ、サンナギ、クバルなど個性的な新キャラクターが多数出てきますが、原作ファンとしてそれについては?

エレンやミカサ、ハンジなども含めて全員、原作とは別のキャラクターにするというアイデアもあったらしいんですよ。それでも例えば、巨人に強い憎しみを抱いている青年がいればそれは名前を変えてもエレンだし、その幼なじみで戦闘能力の高い少女が登場すればミカサに見えてしまうと思うんです。その中でバランスを取って、今提供している形に落ち着いているので、不安や不満は全然感じませんでした。むしろ原作と同じ名前のキャラクターと新しいキャラクターが混ざりあうことで生まれたメリットもすごくあると思うんです。

──それは例えば?

原作を読んでいる人だと、誰が“巨人”になるのかわかっているわけじゃないですか。例えば原作で巨人化するキャラクターの何人かは映画には登場しないわけですけど、超大型巨人は予告編にも登場している。つまり原作を知ってる人も誰が“巨人”になるかわからないですし、原作とは異なる物語にのめり込めると思うんです。新キャラクターを使うことによって、もともとのファンも新しい楽しみ方ができるようになったと思ってます!

戦闘時は中間管理職的なポジションを担当していた(笑)

──出演オファーが来たときに役名も聞いたんですか?

はい、同時に聞きました。

──アルミン役と聞いたときの心境は?

本郷奏多

原作マンガを読んでいたときから、「もし出演できるなら、このキャラクターがいいなぁ」と自分が思っていたキャラクターではなかったんですよ(笑)。でもこんなまっすぐな男の子を今まで演じたことがなかったので、新しいチャンスをもらえたなと思いましたし、撮影に入ることが楽しみでした。

──原作のアルミンは壁外の世界に強い憧れを抱いていますが、映画ではその役割をエレンが受け持っていますよね。そのような原作と映画でのアルミンの違いをどのように捉えられましたか?

「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」より。

例えばミカサとかはガラッと変わっているように見えたんですけど、アルミンはそうじゃなかった。原作キャラクターの中で、アルミンは大きく変わるところはなかったと思っていて。もちろん壁外へのあこがれの部分やサシャとのかわいらしい関係、機械への関心など原作にはない要素もありますけど、映画でも原作でもアルミンは基本的にサポートする立場なんだと思っています。情熱というか強い芯はあるんですけど、前に立って物事を動かしていくキャラクターではないので。目立たないようにではないですけど、あんまり特殊なことはしないほうがいいのかなと考え自分の中で人物を組み立てていきました。

──なるほど。

アルミンは調査兵団の中でも戦闘能力がものすごく低くて。戦闘シーンでもほかの調査兵団のメンバーと働きが違ったりするんですけど、その分戦闘中もすごい冷静で、自分が何をするべきかわかっているキャラクターだと考えていました。そういう、なんて言えばいいんだろう……。中間管理職的なポジションを撮影現場では演じていましたね(笑)。

「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」特集 TOP
三浦春馬インタビュー
水原希子インタビュー
本郷奏多インタビュー
石原さとみインタビュー
長谷川博己インタビュー
樋口真嗣監督インタビュー

「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」2015年8月1日より全国東宝系にて公開 / 「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド」2015年9月19日より全国東宝系にて公開

「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」
スタッフ

監督:樋口真嗣
原作:諫山創(講談社「別冊少年マガジン」連載中)
脚本:渡辺雄介、町山智浩
特撮監督:尾上克郎
主題歌:SEKAI NO OWARI「ANTI-HERO」
音楽:鷺巣詩郎

キャスト

エレン:三浦春馬
シキシマ:長谷川博己
ミカサ:水原希子
アルミン:本郷奏多
ジャン:三浦貴大
サシャ:桜庭ななみ
サンナギ:松尾諭
フクシ:渡部秀
ヒアナ:水崎綾女
リル:武田梨奈
ソウダ:ピエール瀧
ハンジ:石原さとみ
クバル:國村隼

本郷奏多(ホンゴウカナタ)

1990年11月15日、宮城県生まれ。2002年「リターナー」で俳優デビュー。2005年「HINOKIO」で映画初出演を務める。以後、「NANA2」「GANTZ」「ストレイヤーズ・クロニクル」などに出演。映画、ドラマ、舞台と幅広く活動し、「BTOOOM!」「ガンダムビルドファイターズ」で声優にも挑戦。現在主演ドラマ「アカギ」が放送されており、11月に出演作「シネマの天使」の公開を控える。

映画「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」×au スペシャルサイト
auスマートパス会員限定 毎週月曜日はauマンデイで映画が1100円!