ゲーム「キングダム ハーツIII」 PR

「キングダム ハーツIII」×本郷奏多|ディズニーのキャラクターとの共闘にワクワク、“同年デビュー”ゲームシリーズ最新作をPlayStation®4でプレイ

ディズニーとスクウェア・エニックスから生まれた、多くのゲーム好きを唸らせてきたアクションRPGシリーズ「キングダム ハーツ」。その最新作「キングダム ハーツIII」が、ナンバリングとしては十数年の時を経て、1月25日(金)にPlayStation®4(PS4®)とXbox One向けに発売される。初代「キングダム ハーツ」から続いてきた“ダークシーカー編”が完結する本作の発売を待ち望んでいた人々の数は計り知れない。

そのうちの1人に、偶然にも第1作がリリースされた2002年に俳優デビューを飾った本郷奏多がいる。映画ナタリーでは「キングダム ハーツ」シリーズをリアルタイムで追ってきた本郷に新作をプレイしてもらい、感想を聞いた。「ファイナルファンタジー」「ドラゴンクエスト」シリーズといったスクウェア・エニックスが誇る傑作の多くをプレイしてきた本郷は、「キングダム ハーツIII」をどう見たのか? また、シリーズのテーマソングを担当している宇多田ヒカルのライブを楽しめるVRコンテンツも紹介する。

取材・文 / 小澤康平 撮影 / 吉澤健太

本郷奏多がPlayStation®4で「キングダム ハーツIII」をプレイ

「キングダム ハーツIII」をプレイする本郷奏多。
「キングダム ハーツIII」をプレイする本郷奏多。

本郷はまず「トイ・ストーリー」が舞台の世界へ。ゲーム開始と同時にコントローラーの設定を自分仕様に変更し、あっという間に敵を撃破していくさまにはゲーマーの素養がうかがえた。「トイ・ストーリー」を子供の頃に観たという本郷は「親しみあるキャラクターが一緒に戦ってくれるのはワクワクしますね」とゲームの魅力に言及する。

本郷奏多が「アトラクションフロー」を繰り出したときの様子。

続いて本郷は「ヘラクレス」のワールド「オリンポス」に足を踏み入れた。落ちてくる岩を軽快にかわしながら崖を登り、道中1度もピンチに陥ることなく巨大なボス・ロックタイタンのもとへたどり着く。大きな敵とのバトルには最適な「アトラクションフロー」を繰り出した際には「すげー」「めちゃめちゃ強い(笑)」と屈託のない笑顔を浮かべ、ここでも手こずることなく敵を撃破した。

「キングダム ハーツIII」テーマソング担当
宇多田ヒカルのライブを楽しめるVRコンテンツも体験

「Hikaru Utada Laughter in the Dark Tour 2018 - “光” & “誓い” - VR」が1月18日より一般配信されている。PlayStation®VR(PS VR)を持っている本郷にとっても、宇多田が目の前で歌っているかのような感覚は“新体験”だという。

本郷奏多

※同コンテンツを鑑賞するにはPS VRが必要となります。

メイキング映像も公開中

本郷奏多 インタビュー

僕世代のゲーマーはみんな通ってる道の1つ

──「キングダム ハーツIII」、シリーズファンから見ていかがでした?

本郷奏多

いやあ……楽しかったです(笑)。

──「キングダム ハーツ」「キングダム ハーツII」はリアルタイムでプレイされてたんですよね。

そうですね。1が出たのが小学校高学年のときだったかな。お兄ちゃんがやっているのを観たりもしていました。幼かった僕には序盤に出てくる敵が倒せなかったりして、お兄ちゃんに倒してもらった記憶もあります。

──当初から「キングダム ハーツ」には注目を?

ディズニーとスクウェア・エニックスの作品ということで、やっぱり人気は高かったです。僕世代のゲーマーはみんな通ってる道の1つなんじゃないかなと。

「キングダム ハーツIII」

──小学生のときからゲームはよくやられていたんですか?

昔から好きでいろいろやってました。全部ではないですけど、「ファイナルファンタジー」「ドラゴンクエスト」シリーズはかなりやってます。今は「キングダム ハーツIII」発売に向けて1と2をやり直してるところで。やっぱりFFやDQとは違った面白さがありますよね。

──どんな部分に面白さを感じてるんでしょう。

本郷奏多

僕はアクションゲームが一番好きなんですけど、「キングダム ハーツ」のアクションは操作性が優れてるなあと。簡単な操作で派手なアクションを出せるんです。技の演出も1つひとつにこだわりを感じるので、映像を観ているだけでも楽しさがあります。あとディズニーのキャラクターが出てきたり世界観はかわいい一方で、ボスは強かったりして。普段はゲームをやらない人もゲーマーの人も、双方が楽しめる理由の1つだと思います。

──なるほど。ちなみに、自身と似てるキャラクターっていたりします?

ドナルドですかね。ちょっと口が悪くて、ずる賢い感じとか。間違ってもソラみたいな正義感たっぷりのキャラではないです(笑)。

「キングダム ハーツIII」
2019年1月25日(金)発売
販売元:スクウェア・エニックス
対応機種:PlayStation®4 / Xbox One
「キングダム ハーツIII」

アクションRPG「キングダム ハーツ」シリーズのナンバリング3作目。2002年にリリースされた「キングダム ハーツ」から続いてきた物語“ダークシーカー編”の完結編となる。「トイ・ストーリー」「アナと雪の女王」「パイレーツ・オブ・カリビアン」「ベイマックス」などディズニーの作品を舞台としたワールドが多数登場。過去シリーズでも楽曲提供を行ってきた宇多田ヒカルの「誓い」がエンディングテーマソングとして書き下ろされた。

宇多田ヒカル「Face My Fears」
2019年1月18日(金)発売 / EPICレコードジャパン
宇多田ヒカル「Face My Fears」

[CD] 1400円
ESCL-5150

Amazon.co.jp

収録曲
  1. Face My Fears (Japanese Version)
  2. 誓い
  3. Face My Fears (English Version)
  4. Don't Think Twice
本郷奏多(ホンゴウカナタ)
1990年11月15日生まれ、宮城県出身。2002年「リターナー」で俳優デビューを果たし、2005年「HINOKIO」で映画初主演を務める。以後「NANA2」「GANTZ」「進撃の巨人」などに出演した。映画、ドラマ、舞台と幅広く活動し、「BTOOOM!」「ガンダムビルドファイターズ」「ダンガンロンパ3 The End of 希望ヶ峰学園」「いぬやしき」といったアニメ作品で声優にも挑戦。ドラマ「アカギ」「ラブホの上野さん」でも主演を務め、映画「鋼の錬金術師」「いぬやしき」にも参加した。2019年2月22日には主演作「凜-りん-」、4月19日には成蟜を演じる「キングダム」の公開を控えている。