トリニティーが穏やかな主婦に?「マトリックス」新作6キャラの設定が明らかに

301

マトリックス レザレクションズ」のキャラクタービジュアルおよび設定が公開された。

キアヌ・リーヴス演じるネオ / トーマス・アンダーソン。

キアヌ・リーヴス演じるネオ / トーマス・アンダーソン。

大きなサイズで見る(全10件)

キアヌ・リーヴス演じるネオ / トーマス・アンダーソンは、“マトリックス”から救出された救世主。セラピーに通って「青いピル」を服用しており、日常の中で徐々に何かに気づき始める。シリーズのヒロインであるキャリー=アン・モス扮するトリニティーは、今作では主婦のティファニーとして登場。勇ましい面影は感じられず、穏やかな女性としてネオの前に現れる。今作ではネオとは初対面のようだが、予告では彼と握手した瞬間に「前に会った?」と語りかける場面も見られる。

キャリー=アン・モス演じるトリニティー / ティファニー。

キャリー=アン・モス演じるトリニティー / ティファニー。[拡大]

これまでのシリーズではローレンス・フィッシュバーンが演じてきたモーフィアスは、今作ではキャストを変更してヤーヤ・アブドゥル=マティーン二世に。ネオを導きながらも自分自身の存在意義を見定め、使命を全うしようとするキャラクターだ。ジョナサン・グロフが演じるのはスミス。これまでのシリーズではヒューゴ・ウィーヴィングが演じてきたエージェント・スミスとは異なり、本作のスミスは有能でそつがないビジネスマンタイプで、愛嬌と商才を兼ね備えている。

新キャラとして登場するのはジェシカ・ヘンウィック演じるバッグス。青い髪に加え、腕には白ウサギのタトゥーを入れているというビジュアルで、伝説の救世主であるネオを崇拝している。「真実を知りたければ付いて来て」と、ネオをモーフィアスのもとへ連れて行く役どころだ。同じく新キャラとなるニール・パトリック・ハリス演じるアナリストは、ネオに「青いピル」を処方している心理カウンセラー。部屋では黒猫を飼っているという設定だ。

ラナ・ウォシャウスキーが監督を務める「マトリックス レザレクションズ」は12月17日に全国で公開。

この記事の画像・動画(全10件)

関連する特集・インタビュー

関連記事

キアヌ・リーヴスのほかの記事

リンク

関連商品

(c)2021 WARNER BROS. ENT. ALL RIGHTS RESERVED.

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 マトリックス レザレクションズ / キアヌ・リーヴス / キャリー=アン・モス / ヤーヤ・アブドゥル=マティーン二世 / ジョナサン・グロフ / ジェシカ・ヘンウィック / ニール・パトリック・ハリス / ラナ・ウォシャウスキー の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。