崔哲浩監督・主演作の予告公開、井筒和幸は「魂を揺さぶられてほしい」と推薦

49

崔哲浩が監督、脚本、主演を担当した「北風アウトサイダー」の予告編がYouTubeで公開。新たな場面写真7枚も公開された。

「北風アウトサイダー」新場面写真

「北風アウトサイダー」新場面写真

大きなサイズで見る(全12件)

「北風アウトサイダー」新場面写真

「北風アウトサイダー」新場面写真[拡大]

「北風アウトサイダー」新場面写真

「北風アウトサイダー」新場面写真[拡大]

本作の舞台は、大阪府生野にある在日朝鮮人の町。そこでは皆の母代わりであるオモニ(オカン)の葬儀が行われていたが、15年前に失踪した長男ヨンギは現れない。オモニが始めた店の借金返済に追われ、途方に暮れる3兄妹。そんな中ヨンギが帰ってくるが、彼の変わり果てた姿に兄妹は困惑する。崔のほか櫂作真帆伊藤航上田和光永倉大輔松浦健城、竜崎祐優識、並樹史朗岡崎二朗らが出演した。

「北風アウトサイダー」新場面写真

「北風アウトサイダー」新場面写真[拡大]

「北風アウトサイダー」新場面写真

「北風アウトサイダー」新場面写真[拡大]

予告編には、さまざまな人々の思惑が交差していく様子や、絆を取り戻そうとする家族の姿が捉えられている。崔は「この映画を作るにあたって、4つのテーマを柱にしました。『人間とは?』『愛とは?』『時代の継承』『血脈』です」とコメント。映画監督の井筒和幸は「是非、魂を揺さぶられてほしい」、劇団・新宿梁山泊の代表である金守珍は「在日一世の大半が他界した今、二世、三世、四世がもがきながらも日本社会で堂々と生きる姿に共感! おおいに勇気をもらった」と述べている。

「北風アウトサイダー」は2月11日から東京・シネマート新宿ほか全国で順次公開。

崔哲浩 コメント

この映画を作るにあたって、4つのテーマを柱にしました。
「人間とは?」
「愛とは?」
「時代の継承」
「血脈」
です。
スタッフ、キャスト誰一人欠けても、この映画は作れませんでした。
また、この映画を沢山の人達が映画館で見てくださることで初めて映画になりえます。
この映画を観てくださったならば、賛否両論あると思います。しかしながら、それ自体が最高の誉れなので、色んな意見をうかがいたいです。
「北風アウトサイダー」という作品が5年後も、10年後も沢山の人達に愛されていれば、この上ない幸せです。

井筒和幸 コメント

なんで彼だけがそんな目にあわなあかんのよ。
なんで同胞同士でそうなんのよ。
同胞は仲良くしてほしいな、それがパッチギ魂やん…俺は悲しいよ。
是非、魂を揺さぶられてほしい。

金守珍 コメント

バラバラになった家族がいかに絆を取り戻すかという、普遍的テーマを見事に描いた作品。個人的には、在日一世の大半が他界した今、二世、三世、四世がもがきながらも日本社会で堂々と生きる姿に共感! おおいに勇気をもらった。

この記事の画像・動画(全12件)

関連記事

崔哲浩のほかの記事

リンク

(c)2021ワールドムービーアソシエーション

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 北風アウトサイダー / 崔哲浩 / 井筒和幸 / 金守珍 / 櫂作真帆 / 伊藤航 / 上田和光 / 永倉大輔 / 松浦健城 / 並樹史朗 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。