「太陽の子」ドラマアウォード作品賞グランプリに、柳楽優弥が喜び噛み締める

1395

NHKドラマ「太陽の子 GIFT OF FIRE」が、東京ドラマアウォード2021の作品賞単発ドラマ部門でグランプリを受賞。本日10月27日に東京・グランドプリンスホテル高輪で行われた授賞式に、キャストの柳楽優弥らが出席した。

東京ドラマアウォード2021の授賞式に出席した柳楽優弥。

東京ドラマアウォード2021の授賞式に出席した柳楽優弥。

大きなサイズで見る(全3件)

左から司会者の石坂浩二、柳楽優弥。

左から司会者の石坂浩二、柳楽優弥。[拡大]

“日本の原爆開発”を背景にした本作で、極秘任務に携わる京大生の科学者・修に扮した柳楽。彼は「監督の丁寧な演出を受けて、修の役柄に近付くことができました」「1人の人間としても役者としても、知るべき事実に関われたことに感謝しています」と思い入れたっぷりに話す。演出を手がけた黒崎博は「原子爆弾の話だからこそ、アメリカのチームと一緒に両国の視点を混ぜて作りたいと思いました」と制作の経緯を明かした。

映画ナタリーでは授賞式の模様を引き続きレポートする。

※関連記事はこちらから
綾瀬はるかがドラマアウォード主演女優賞に輝く「追われる側にもなる難しい役でした」

「俺の家の話」西田敏行と江口のりこがドラマアウォード助演男優・女優賞を獲得

「エール」窪田正孝がドラマアウォード主演男優賞に、「本音で語り合えてよかった」

宮藤官九郎「長瀬智也くんしかできない役」、東京ドラマアウォードでグランプリ受賞

この記事の画像(全3件)

関連記事

柳楽優弥のほかの記事

関連商品

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 柳楽優弥 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。