「ミュジコフィリア」井之脇海、山崎育三郎との連弾シーンは「2人だからこそ作れた」

1

437

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 76 350
  • 11 シェア

「10万分の1秒の音響映画祭」が、本日10月26日より東京・TOHOシネマズ 日比谷のプレミアムシアターで開催。「ミュジコフィリア」がスクリーンにかけられ、キャストの井之脇海松本穂香川添野愛、監督の谷口正晃が舞台挨拶に登壇した。

「ミュジコフィリア」舞台挨拶の様子。

「ミュジコフィリア」舞台挨拶の様子。

大きなサイズで見る(全14件)

「10万分の1秒の音響映画祭」は、音響の専門家が10万分の1秒単位まで徹底的に音響調整し、スピーカー同士の音の遅延を極限まで解消したプレミアムシアターで、31本の作品を鑑賞することができるもの。オープニング作品にあたる「ミュジコフィリア」は、京都の芸術大学で「現代音楽研究会」に引き込まれた青年・漆原朔を主人公とする物語だ。

井之脇海

井之脇海[拡大]

朔役の井之脇は「朔を演じながらも、僕自身が現代音楽と触れ合って楽しむことが重要だと思っていました」と思いを述べる。撮影期間は滞在先のホテルでもピアノ練習に励んだそうで「大変だったけれど、夜な夜なピアノを弾く時間がリラックスタイムになっていました。楽しみながらピアノと一緒に撮影を乗り切れました」と笑顔を見せた。

松本穂香

松本穂香[拡大]

川添野愛

川添野愛[拡大]

天性の音感を持つ凪に扮した松本は「コミックだからこそ表現できる歌声だと感じていたんです」と、当初は不安を抱いていたと明かす。彼女は鴨川で凪が歌い、朔がピアノ伴奏をする場面に触れて「かわいい2人の雰囲気が映像に映ったらいいな」と同シーンに込めた思いを伝えた。朔の異母兄である大成の恋人・小夜役の川添は「母が子供の頃に弾いていたバイオリンを撮影に使ったんです。肌身離さず持って現場入りしていましたね」と懐かしむ。

手を振る山崎育三郎を見つめる登壇者たち。

手を振る山崎育三郎を見つめる登壇者たち。[拡大]

手を振る松本穂香(左)、井之脇海(中央)、川添野愛(右)。

手を振る松本穂香(左)、井之脇海(中央)、川添野愛(右)。[拡大]

イベントでは、大成役の山崎育三郎によるメッセージ映像が上映される一幕も。山崎の「なんと言っても海くんとの連弾シーン! ぐっと来るものがありました」との言葉に、井之脇は「育三郎さんと2人だからこそ作れたシーン。どのパートをどちらが弾くかあいまいなまま、このままやってみよう!と始めたので、お互いに感じ合いながら演奏できました」と感謝する。松本は撮影以外の場面で、山崎がピアノを自然に弾き出したことがあったと話し「あまりにもかっこよすぎて『かっこいいー!』と言っちゃいました。さわやかな笑顔を浮かべていらっしゃいましたね」とほほえんだ。

さそうあきらの同名マンガを映画化した「ミュジコフィリア」は、11月12日に京都で先行公開され、11月19日よりTOHOシネマズ 日比谷ほかでロードショー。なお「10万分の1秒の音響映画祭」は11月4日まで実施され、特別上映作品の一部は「ぴあ」アプリの限定チケット先行販売が行われている。

10万分の1秒の音響映画祭

2021年10月26日(火)~11月4日(木)東京都 TOHOシネマズ 日比谷 プレミアムシアター(スクリーン1)
料金:一般 1900円 / 大学生 1500円 / 高校生以下 1000円 / auスマートパスプレミアム・シネマイレージ会員 1200円
※特別上映作品の一部は「ぴあ」アプリ限定チケット先行販売あり

この記事の画像・動画(全14件)

(c)2021 musicophilia film partners (c)さそうあきら/双葉社

読者の反応

  • 1

映画ナタリー @eiga_natalie

「ミュジコフィリア」井之脇海、山崎育三郎との連弾シーンは「2人だからこそ作れた」(写真13枚)
https://t.co/JDrlbBHh3d

#ミュジコフィリア #井之脇海 #松本穂香 #川添野愛 #山崎育三郎 #10万分の1秒の音響映画祭 #10万分の1秒 https://t.co/lArzK1WXts

コメントを読む(1件)

関連記事

井之脇海のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 ミュジコフィリア / 井之脇海 / 松本穂香 / 山崎育三郎 / 川添野愛 / 谷口正晃 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。