橋本環奈がコールセンターで“凶音”に遭遇、「ほんとにあった怖い話」今年も放送

898

「ほんとにあった怖い話 2021特別編」が、フジテレビ系で10月23日に放送される。

「ほんとにあった怖い話 2021特別編」のドラマパート「凶音の誘い」。

「ほんとにあった怖い話 2021特別編」のドラマパート「凶音の誘い」。

大きなサイズで見る(全3件)

稲垣吾郎

稲垣吾郎[拡大]

実際に人々が体験した怖い話をリアルに描く「ほんとにあった怖い話」は、1999年にスタート。2004年から稲垣吾郎が「ほん怖」クラブリーダーとして出演している。

「ほんとにあった怖い話 2021特別編」のドラマパート「凶音の誘い」。

「ほんとにあった怖い話 2021特別編」のドラマパート「凶音の誘い」。[拡大]

今回のドラマパートの1つ「凶音(きょうおん)の誘(いざな)い」で主演を務めるのは橋本環奈。アルバイトをするコールセンターで奇妙な物音と気配に気付いた峰岸玲奈を演じる。なお「凶音の誘い」には恒松祐里山中崇も出演した。

橋本は「ホラーが好きなので、“すごく面白いな”と思いながら台本を読ませていただきました」とコメント。「初めて見る方も、『ほん怖』ファンの方も納得のいく作品になったと思います。ぜひ、ハラハラ・ドキドキ、家のカーテンを閉めて、電気を消して見てほしいです!」と呼びかけている。

土曜プレミアム「ほんとにあった怖い話 2021特別編」

フジテレビ系 2021年10月23日(土)21:00~23:10

橋本環奈 コメント

出演が決まったときの感想

並みいる出演者の方々が名前を連ねる歴史ある番組に出演させて頂く事となり、“すごく楽しみだな”と思いました。小学生の頃、本当に起きた話だけに、“こんな実体験はしたくないな”と怖がりながら見ていました。

脚本の印象

私は、ホラーが好きなので、“すごく面白いな”と思いながら台本を読ませていただきました。“コールセンター”と書いてあったので、電話口の向こうから叫び声が聞こえたりなど、電話のやりとりでの怖さかなと最初は思っていましたが、実際はそばに何かいて感じる怖さでした。ただ、それがまた演じていて良かったです。それに加え、実際にお化けメークを見ましたが、本当にリアルで怖かったです。

視聴者へのメッセージ

実際にこのコールセンターでの出来事が本当にあったら相当怖いなと私自身思いました。初めて見る方も、「ほん怖」ファンの方も納得のいく作品になったと思います。ぜひ、ハラハラ・ドキドキ、家のカーテンを閉めて、電気を消して見てほしいです!

後藤博幸(総合プロデュース)コメント

稲垣吾郎さんと共に長年作り続けてきた「ほん怖」も、昨年の放送をもってドラマ総本数が200本となりました。この数は、稲垣さん初め、出演していただいたキャスト、スタッフ、ファンの皆さまに支えられ迎えることができたと思っております。心より感謝申し上げます。そして、201本目のドラマの主演はさまざまな話題作で活躍されている橋本環奈さんをキャスティングさせていただきました。橋本さんは、コミカルな役からシリアスな役まで際立ったキャラクターを演じられてきた印象が強いと思うのですが、今回はあえて身近に感じられるような“普通の”女性を演じていただきました。今まであまり見たことのない橋本さんの“普通っぷり”に注目していただきたいです。そして、橋本さんのお芝居が、「ほん怖」ならではのリアルホラーにつながり、さらに怖さが増している作品となっていると思います。ぜひ、お楽しみください!

この記事の画像(全3件)

関連記事

橋本環奈のほかの記事

リンク

関連商品

(c)フジテレビ

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 橋本環奈 / 稲垣吾郎 / 恒松祐里 / 山中崇 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。