ティム・ロスとクライヴ・オーウェン共演、クラシック曲が彩る音楽ミステリー公開

1

61

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 20 36
  • 5 シェア

「海の上のピアニスト」のティム・ロスと「クローサー」のクライヴ・オーウェンが共演した「The Song of Names(原題)」が、12月3日に公開される。

「The Song of Names」

「The Song of Names」

大きなサイズで見る

本作は、35年前に忽然と姿を消した天才バイオリニストをめぐる音楽ミステリー。1938年、イギリス・ロンドンに住む9歳のマーティンの家に、ポーランド系ユダヤ人で類まれなバイオリンの才能を持つドヴィドルがやって来た。同い歳のマーティンと兄弟のように育ったドルヴィルは才能を開花させ、21歳でデビューコンサートの日を迎えるが当日になって姿を消す。35年後、コンサートの審査員をしていたマーティンは、ある青年のバイオリンの音色をきっかけにドヴィドルを探す旅路に就き、ロンドン、ポーランド・ワルシャワ、アメリカ・ニューヨークと巡っていく。

主人公マーティンをロス、56歳になったドヴィドルをオーウェンが演じた。監督は「レッド・バイオリン」「シルク」「ボーイ・ソプラノ ただひとつの歌声」などの音楽映画を手がけてきたフランソワ・ジラール。作曲家ハワード・ショアによる音楽とともに、ブルッフ、バッハ、ベートーヴェン、パガニーニらのクラシックの名曲が本編を彩る。バイオリニストのレイ・チェンがバイオリン演奏を担当した。

「The Song of Name」は東京・新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国で公開。

(c)2019 SPF (Songs) Productions Inc., LF (Songs) Productions Inc., and Proton Cinema Kft

読者の反応

  • 1

映画ナタリー @eiga_natalie

ティム・ロスとクライヴ・オーウェン共演、クラシック曲が彩る音楽ミステリー公開
https://t.co/YYKW6UReSx

#ティム・ロス #クライヴ・オーウェン https://t.co/1ROWFcr3d4

コメントを読む(1件)

関連記事

ティム・ロスのほかの記事

関連商品

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 天才ヴァイオリニストと消えた旋律 / ティム・ロス / クライヴ・オーウェン / フランソワ・ジラール / キャサリン・マコーマック の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。