カリンカ流れる「キングスマン」新予告公開、アクションシーンをたっぷり収録

キングスマン:ファースト・エージェント」の新たな予告編がYouTubeで公開された。

「キングスマン:ファースト・エージェント」新場面写真

「キングスマン:ファースト・エージェント」新場面写真

大きなサイズで見る(全6件)

「キングスマン:ファースト・エージェント」ポスタービジュアル

「キングスマン:ファースト・エージェント」ポスタービジュアル[拡大]

「キングスマン」シリーズの最新作となる本作では、第1次世界大戦前夜の時代を背景に組織の誕生秘話が描かれる。国家に属さないスパイ機関“キングスマン”創設に関わる英国紳士オックスフォード公をレイフ・ファインズ、彼の息子コンラッドをハリス・ディキンソンが演じた。キャストにはリス・エヴァンスジェマ・アータートンジャイモン・フンスーも名を連ねる。

ロシアで愛される楽曲「カリンカ」が流れる今回の予告には、オックスフォード公と不死身の怪僧ラスプーチンが会話する様子に加え、銃と剣を使ったアクションシーンがたっぷりと収録された。

前2作に続き本作も手がけた監督マシュー・ヴォーンは「キングスマンというテーラーの店がすべてをつなぐものであるのは確かだ。紳士とは何か、『マナーが紳士を作る』、人には優しく、といったことは3作を通して毎回描かれている」とコメント。また「(前2作に比べて)本作はより歴史的で、これまでの僕のどの作品においてもやったことのなかった領域を追求している。試写を観て判明したのは『キングスマン』が好きな人ならこの映画を気に入るということ、そして『キングスマン』が好きでなくても本作を気に入り、驚くということだった」と自信をのぞかせている。

「キングスマン:ファースト・エージェント」は、12月24日より全国ロードショー。

この記事の画像・動画(全6件)

(c) 2021 20th Century Studios. All Rights Reserved.

関連記事

レイフ・ファインズのほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 キングスマン:ファースト・エージェント / レイフ・ファインズ / ハリス・ディキンソン / リス・エヴァンス / ジェマ・アータートン / ジャイモン・フンスー / マシュー・ヴォーン の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。