「キングスマン」最新作ポスターに主要キャラずらり、予告編ナレーターは木村昴

958

キングスマン:ファースト・エージェント」の日本版ビジュアルが完成。あわせて日本版特別予告もYouTubeで公開された。

「キングスマン:ファースト・エージェント」ポスタービジュアル

「キングスマン:ファースト・エージェント」ポスタービジュアル

大きなサイズで見る(全5件)

国家に属さないスパイ機関“キングスマン”のエージェントの活躍を描く同シリーズ。最新作では前日譚として、第1次世界大戦前夜の時代を背景に組織の誕生秘話が描かれる。前2作に引き続きマシュー・ヴォーンが監督を務めた。

日本版ポスターでは“キングスマン”のシンボルマークが存在感を放ち、オックスフォード公役のレイフ・ファインズ、息子コンラッド役のハリス・ディキンソン、実在した“不死身の怪僧”ラスプーチン役のリス・エヴァンス、さらにジェマ・アータートンジャイモン・フンスーが佇んでいる。

特別予告では「キングスマン」シリーズで主人公エグジーの日本語吹替を担当した木村昴がナレーションを担当。“世界大戦を終わらせる”という任務を遂行すべく、エージェントたちが歴史の裏で暗躍するさまが収められた。

「キングスマン:ファースト・エージェント」は9月25日より全国ロードショー。

この記事の画像・動画(全5件)

関連記事

木村昴のほかの記事

リンク

関連商品

(c)2020 20th Century Studios. All Rights Reserved.