リス・エヴァンス

リスエヴァンス

10歳の時に自ら名字“EVANS”の綴りをウェールズ語風“IFANS”に変えた。ギルドホール音楽演劇学校卒業後、舞台やTVに出演。実の弟リル・エヴァンスと共演した「ツイン・タウン」(1997)で注目される。ヒット作「ノッティングヒルの恋人」(1999)でヒュー・グラントの同居人、スパイクを演じ強烈な印象を残す。